読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

天才は、いつの世も理解されない。 映画「イミテーション・ゲーム」 感想(ネタバレあり)

f:id:ama46572222:20160917235254j:plain

あらすじ


第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号"エニグマ"。
世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、
一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。
英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。
時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは―?!


アラン・チューリングについて


時代に翻弄された天才

f:id:ama46572222:20160917235854j:plain


皆さんは、アラン・チューリングという数学者をご存知でしょうか?

第二次大戦中、解読不能と呼ばれた暗号作成機エニグマを解読し、

連合国側を勝利に導いたと言われる天才数学者です。

チューリング・マシンやチューリング・テストという単語を

耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。


しかし、重大な軍事機密である暗号解読に関わっていた事と、

同性愛者という性的マイノリティーであった事から

チューリングは戦後正しい評価を受けることが出来ず、

最期は服毒自殺で自らの人生に幕を閉じた、悲劇の天才でもあります。


主演は今人気のベネディクト・カンバーバッチ!

f:id:ama46572222:20160918000153j:plain


本作では、そんなチューリングの人生を、

『シャーロック』や『ホーキング』でも有名な、

人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが熱演しています。

変人を演じさせたら右に出るものの無い俳優さんで、

本作でも天才チューリングを好演しています。


二時間飽きずに楽しめる、上質な人間ドラマ


数学者、暗号と聞くと、何だか難解そうなイメージですが、

この映画は万人が楽しめる人間ドラマに上手く仕上がっています。

同僚たちとの衝突、早逝した親友クリストファーへの想い、

婚約者となった女性、ジョーン・クラークとの関係、

そして、難攻不落のエニグマの攻略の過程など、

とにかく見どころの多く、最後まで飽きさせない作品です。

以下作品の見どころをご紹介します。


作品の見どころ

映画のはじまり

f:id:ama46572222:20160918000629j:plain


映画は、第二次大戦終結後の英国で、

家を空き巣に荒らされ、

刑事たちに取り調べを受けるチューリングのシーンから始まり

第二次大戦中に取り組んだブレッチリー・パークでの暗号解読や、

クリストファーと過ごした学生時代を回想する形で語られます。

天才と変人は紙一重?


世に言う天才には良くある話ですが、

チューリングは世間とかなりズレた感覚の持ち主です。

言われたことを言葉の通りに理解するため、

人と普段の会話がかみ合わず、冗談も理解できません。

また、他者の気持ちを思いやることが出来ず、

同僚と全く強調せずに一人で勝手に仕事を進めたり、

仕事に必要ないと判断した同僚を一方的に解雇するなど、

他者を省みないチューリングはあっという間に周囲に嫌われ、

解雇した同僚からは「地獄に落ちろ」とまで言われる始末です。

いじめられっ子の少年時代

f:id:ama46572222:20160918001017j:plain


変人で人付き合いの苦手なチューリングは、

少年時代もやっぱり集団に馴染めず、

床下に閉じ込められるなどのいじめを受けます。


そんなチューリングにも親友がいて、

クリストファーとはオリジナルの暗号を送りあう仲でした。

クリストファーはチューリングの才能を認め、

チューリングはクリストファーに密かに恋をします。

クリストファーとの別れ


ですが、チューリングが想いを伝えようとしたある日、

突然クリストファーはこの世を去ってしまいます。

クリストファーは幼いころから結核を患っていて、

チューリングにもそのことは黙っていたのでした。

それ以来、クリストファーの事は

チューリングの心に一生残り続けることになります。

ジョーンとの出会い

f:id:ama46572222:20160918001650j:plain


チューリングが同僚を解雇した後、その穴を埋めるため、

クロスワ-ドパズルを用いた一般採用試験を行います。

そこに応募してきたのが後に妻となるジョーンです。

彼女は、チューリングでも6分かかるパズルを

なんと5分で解いてしまうほどの才女でした。

チューリングは彼女の才能にほれ込み、

ジョーンの就職に反対する親元におしかけてまで

ジョーンをブレッチリー・パークに迎えます。

(ジョーンを演じるのは、パイレーツ・オブ・カリビアンで有名なキーラ・ナイトレイ。男前な美人です。)

同僚との和解とジョーンとの婚約

f:id:ama46572222:20160918001907j:plain

その後、ジョーンの手助けもあり、

チューリングはなんとか同僚たちとも打ち解けます。

同僚やジョーンの助けを借りて

エニグマの解読機械の製作に打ち込むチューリング

ですが、ジョーンは婚期が遅れることを心配した両親に、

仕事を辞めて戻ってくるように再度説得されます。

「親を見捨てるわけにはいかない」と話すジョーンに、

なんとチューリングはそれなら自分と婚約すれば言いと返します。

チューリングのこの躊躇いのなさにも驚きましたが、

その後、たまたまポケットに入っていた針金で

即席の指輪を作って渡す行動も印象的でした。

f:id:ama46572222:20160918002101j:plain

難攻不落のエニグマ攻略


この映画のキーとなるエニグマですが、

これは、軍事上の無線連絡の内容を暗号化して、

敵(今の場合英国)に無線を傍受されても、

その内容を理解できないようにする為の装置です。

理屈は簡単ですが、エニグマの凄まじい点は、

その暗号化のパターンが

159000000000000000000通りある事です。

桁数21ケタ、まさに天文学的数値ですね。

これだけのパターン全てを試そうと思ったら、

何百、何千年もの時間がかかってしまいます。

しかも、暗号のパターンは毎朝変わるので、

一日の間に暗号が解けなければ、

それまでの成果が水の泡となるおまけつきです。


チューリングは、このエニグマに対し、

高度な計算を基に自動でエニグマの様々な設定を試す

電気式のアナログ探索装置"クリストファー"を開発します。

ですが、この"クリストファー"も、全てのパターンを調べるには

時間がかかりすぎてしまうという欠点がありました。

f:id:ama46572222:20160918002348j:plain


映画の中でチューリングは、

酒場で出会った女性の何気ない一言から

この欠点の対処法を見つけ出します。

方法は映画を見て頂ければわかりますが、

この場面では、ついに見つけた、という

チューリングたちの興奮が伝わってきて

見ているこちらまで背筋がゾクゾクしました。

解読しても終わりじゃない

f:id:ama46572222:20160918002358j:plain


見事チューリングエニグマを攻略し、

ドイツ軍の暗号はすべて筒抜けとなりました。

この功績により、連合軍はドイツ軍を一気に逆転し、

チューリングたちは勝利の貢献者として

大きく称えられることとなりました。

めでたしめでたし…



とはなりません。



確かに、ここで得た情報を即座に軍に伝えれば、

当然その日のドイツ軍の攻撃を未然に防ぎ、

失われるはずの命を救うことができます。

しかし、その後はどうでしょう。

もしも、急に自軍の作戦が立て続けに失敗すれば、

ドイツ軍はエニグマが破られたことに気づいてしまいます。

そうなれば、暗号の設定に更なる変更が加えられ、

これまで2年間の暗号解読の努力は水泡に帰します。

聡明なチューリングはいち早くその事実に気づき、

軍にもあえて全てを知らせることはせず、

解読装置で得た情報を"選別"して

必要に応じて利用することを提案したのでした。

"神"になった男


チューリングの提案は合理的で、先を見据えたものです。

しかし同僚たちは、

救えるはずの目の前の命を見捨てることに憤ります。

ある同僚は、兵士である兄の乗る艦が攻撃されることを知り、

兄の命だけは助けてほしいとチューリングに懇願しましたが、

チューリングはそれを却下します。


どの情報を生かし、どの情報は見なかったことにするか、

誰を生かし、誰を殺すか、

チューリングは合理的な計算で決定を下していきます。

暗号解読の成果は軍の極秘機密の為、

チューリングを含む限られた人間しか知りません。

一介の数学者でしかないチューリングが、

人の生き死にを決定する"神"のような責任を負ったことは、

どれほどの重圧だったのだろうかと考えてしまいます。

戦争が終わって

f:id:ama46572222:20160918002558j:plain


戦争終結後、チューリング達暗号解読チームは、

軍事機密の厳守を言い渡された上で、

それぞれ元の生活へと戻っていきました。

ちなみに、チューリングは元の生活へ戻っても、

個人的に『クリストファー』の開発を続けます。

チューリングの最期


以下、冒頭のシーンへと話が繋がります。

チューリングは警察の取り調べの際に、

男娼との関係で有罪となり、逮捕されてしまいます。
(当時のイギリスでは同性愛は罪でした)

その後、判事に刑務所で二年服役するか、

当時効果があると考えられていた、同性愛"治療"の為の

女性ホルモン注射を受けるかの二択を迫られ、

『クリストファー』の開発を続けたいチューリングは後者を選択します。

しかしホルモン注射の結果、チューリングは、手の震えや鬱を発症し、

肉体的にも精神的にも追い詰められてしまいます。

そして、1954年6月7日、チューリングは青酸カリで自殺しました。

総評


天才アラン・チューリングの人生を通して、

人間の尊厳や多様性について、深く考えさせられました。

なぜ、チューリングはあそこまで

追い詰められなければならなかったのか。

いくら考えても、私に明確な答えは出せませんが、

間違いなく言えることは、国家のエゴや時代の偏見で、

個人の尊厳が踏みにじられるようなことは、

今後も決してあってはならないという事です。


救いとしては、2009年に英国首相から正式に

チューリングの扱いに対しての謝罪が行われたことです。


数千の人々がアラン・チューリングのための正義と
彼がぞっとする扱われ方をしたという認識を求めて集まった。
チューリングは当時の法律に則って扱われ、
時計の針は戻すことはできないが、
彼に対する処置はまったく不当であり、
深い遺憾の意を表す機会を得たことを我々全てが満足に思っている…
イギリス政府とアランのおかげで自由に生活している全ての人々を代表し、
『すまない、あなたは賞賛に値する』と言えることを非常に誇りに思う。


決してハッピーエンドではありませんが、

間違いなく傑作と呼べる伝記映画です。

数学者アラン・チューリングの人物像に興味がある人も、

ベネディクト・カンバーバッチのファンの方にも

自信をもっておすすめします。

広告