読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

漆黒の意思を持つジョッキー、ジョニィ・ジョースターの名言19選

ジョジョの奇妙な冒険 名言


f:id:ama46572222:20161015100254j:plain


※記事中には、ジョジョの奇妙な冒険SBRに関するネタバレが含まれます。閲覧の際はご注意ください。


※以下、基本プロフィールが続きます。すぐに名言をご覧いただきたい場合は、こちらをクリックしてください。

基本プロフィール

ジョニィ・ジョースター


第七部、スティール・ボール・ランの主人公。
将来を嘱望される天才ジョッキーだったが、
とある事件で下半身不随となり落ちぶれる。


その数年後、SBR(スティール・ボール・ラン・レース)の会場で
偶然出会ったジャイロに可能性を感じ、
愛馬スロー・ダンサーと共にレースに参加。


過酷なレースをジャイロと共に乗り越えながら、
聖人の遺体を狙うディエゴや大統領との闘いに身を投じます。


スタンド: タスク(ACT1~4)


タスクACT1

聖人の右腕がジョニィに取り憑いたことで発現。
爪を回転させ、弾丸のような爪弾を打ち込む能力です。
鳴き声は『チュミミ~ン』。



タスクACT2

自然のスケールから黄金の回転を学んだことで発現。
爪弾が着弾しても数秒間は穴が消えず、
敵を自動で追尾する能力が追加されました。



タスクACT3

アクセル・ROとの戦いの中で発現。
自分の肉体を黄金の回転に巻き込んで、
肉体を自在に移動させる能力に進化しました。



タスクACT4

馬の力を利用した黄金の回転により完成した能力。
この能力で攻撃されたものは、体の細胞一つ一つが回転し、
あらゆる行動が巻き戻される『後遺症』を負います。
次元の壁も、停止した時間も突き抜ける、まさに最強の攻撃。
通称『絶対殺すマン


関連ワード

聖人の遺体


スティールボールランにおける最重要アイテム。
2000年位以上前に死去したある人物の遺体で、
遺体が選んだ人間に、様々な軌跡を起こします。
九つの部位に分かれて全米に散らばっており、
ジョニィとジャイロはこの遺体を巡って
Dioや大統領と争奪戦を繰り広げます。


遺体の正体について、作中で名言されていませんが、
弟子ペテロの挿話や、茨の冠などから考えて、
イエス・キリストのものだと推察されています。

漆黒の意思


目的のためなら殺人も厭わない、強い精神を表す言葉。
第七巻のリンゴォ・ロードアゲイン戦で初登場し、
以降ジョニィは、物語の要所でこの漆黒の意思を見せます。
作中では、瞳に黒い炎が映る表現がなされています。


名言集

この『物語』は
ぼくが歩き出す物語だ

肉体が……
……という意味ではなく
青春から大人という意味で……

僕の名前は
ジョニィ・ジョースター

最初から最後まで
本当に謎が多い男「ジャイロ・ツェペリ」と
出会ったことで……

(SBR1巻 #2ジャイロ・ツェペリ)

サンディエゴビーチにて、
ジャイロと出会った場面でのジョニィの独白。
SBRを最後まで読んでから見ると、
堪らなく心に染みる名言です。


ある富豪の家に遊びに行くと
そこの富豪の娘と友人が

何も言ってないのに
勝手に衣服を脱ぎはじめ

今夜は両親が留守なの
そう言った

あなたならどうする…?
最高だった…

(SBR1巻 #3ジョニィ・ジョースター)

ジョニィが、天才ジョッキーとして
活躍していた頃を回想する場面での、
ちょっとゲスいセリフ。
この後どうなったかは、お察しください。


君の位置は分かったぞ!
ジャイロ!

これから あの
岩山へ向かう!!

このレースは君とずっといっしょだッ!
他の死体も捜してぼくらがそろえるッ!

(SBR5巻 #26 牙(タスク))

ワイヤードを操るポークパイハット小僧に、
人質として捕らえられたジャイロが、
一瞬の隙をついて残したヒントを見て、
奮い立ったジョニィのセリフ。

この時点で既に、二人の間には

確固たる友情が結ばれている事が分かります


「飢えなきゃ」勝てない

ただしあんなDioなんかより
ずっとずっと
もっと気高く「飢え」なくては!

(SBR7巻 #32 3rd.STAGE ゴール キャノン・シティ)

ジャイロが持つ聖人の眼球を狙い、
ディエゴが背後に迫る場面での、
ジョニィからジャイロへの忠告のセリフ。

ジョッキーとして勝負の世界に生きてきた
ジョニィならではの重みのある名言です。


ん~~!!
…なかなかオモシロかった
かなり大爆笑!

(SBR8巻 #36 緑色の墓標 その①)

大統領の刺客、リンゴォの激闘を制し、
つかの間の休息を得たジャイロが、
ジョニィに見せたとっておきのギャグ、
『そこちょっと 失礼ィィィィィ~~』
(台詞に合わせて指の形が4・2・0に変化する)
に対する、ジョニィの反応。

白けた表情のジョニィと、
それを意に介さず
『パクんなよ』と念を押すジャイロが最高です。


言うとおり…
レースを降りる気なんて
サラサラないよ

むしろ勇気がわいて来てる

(SBR8巻 #36 緑色の墓標 その①)

聖人の遺体を狙う刺客との闘いに対し、
決意を新たにしたジョニィのセリフ。

リンゴォとの闘いが、
ジャイロだけでなくジョニィをも
成長させたように思えます。


少しずつ
少しずつ
「宿命」がぼくを
気づかないうちに取り囲んで…

ぐるぐると縛って
すぐに逃げられないように……

そして希望で
一瞬だけ喜ばせておいて…

最後の最後で僕を見捨てるんだ
…誰も関心なんか払わない

みんな見捨てる
観にさえも来ない

(SBR10巻 #42 サイレント・ウェイ その➂)

サウンドマンの音のスタンドに
追い詰められるジョニィが、
兄を失い、父から見捨てられた
過去を回想した場面でのセリフ。

見にさえも、ではなく、
観にさえもと表現するところに、
背筋が寒くなる思いのする名言です。


ジャイロッ!!

回転は「穴」になっても
死なないぞッ!!

(SBR11巻 #44 サイレント・ウェイ その⑤)

黄金の回転を習得し、
タスクが成長した場面でのセリフ。


七五調でリズム感も良いですね。


どうする?
撃つか?

とどくけど

(SBR11巻 #45 約束の地 シュガー・マウンテン その①)

ジャイロの鉄球を盗んだ
謎の少女シュガー・マウンテンを追う際に、
ジョニィがサラッと言った怖いセリフ。

完全に漆黒の意思が身についてますね。
頼もしいやら恐ろしいやら…


ジャイロの淹れる
イタリアン・コーヒーは
こんな旅において格別の楽しみだ

コールタールみたいに真っ黒でドロドロで
同じ量の砂糖を入れて飲む

これをダブルで飲むと
これまでの疲れが全部吹っ飛んで
驚くほどの元気が体の芯からわいてくる

信じられないくらいいい香りで

更に新しい旅に出向いていこうという

気持ちになる

まさに大地の恵みだ

(SBR14巻 #55 勝利者への資格)

過酷なレースの中の、
数少ない楽しみについて
情感たっぷりに説明したセリフ。

ジャイロのイタリアンコーヒーは
自分が食べ(飲んで)みたい
漫画の食べ物No1です。


もう迷っちゃあいない

わかったんだ……

さっきわかった!

撃つべき場所が…
爪弾は!!

自分を撃つッ!!

(SBR15巻 #58 シビル・ウォー その➂)

大統領の刺客、アクセルROとの闘いで、
謎の聖人の「迷ったら撃つのはやめなさい」
という言葉を聞き、発したのがこのセリフ。

覚悟を決めたジョニィは、
タスクをACT3へ進化させ、
絶体絶命の状況から逆転を手にしました。

余談ですが、荒木先生は
キリスト教系の高校に通われていたそうで、
そこでの経験が、聖人の遺体の
アイディアに繋がったのかもしれませんね。


ジャイロ……

迷ったなら『撃つな』……
…………だ!

だがもう『迷い』はない

(SBR15巻 #59 ティスバーグの夢)

アクセルROとジョニィが互いに引き合い、
今にも聖人の遺体が千切れそうになる場面。
もしかすればキリストかもしれない遺体が
今にも壊れそうになる様子に耐えられず、
ジャイロは敵に譲ってやれと諭します。
ですがジョニィは、この言葉とともに、
敵に遺体を渡すくらいなら、
この場で破壊するという意思を見せます。

遺体の歴史的価値を考えれば、
ジャイロの意見がもっともですが、
ジョニィの個人的感情も分かります。

こういったエゴの部分もまた、
ジョニィの魅力では無いでしょうか。


くそッ!
もう少しだッ!
くそッ!

あと ほんの 少しなんだッ!
どうしても遺体を手に入れたいッ!

「生きる」とか「死ぬ」とか
誰が「正義」で 誰が「悪だ」なんて
どうでもいいッ!!

遺体が聖人だなんて事も
ぼくには どうだっていいんだッ!!

ぼくはまだ「マイナス」なんだッ!
「ゼロ」に向かって行きたいッ!

「遺体」を手に入れて
自分の「マイナス」を
「ゼロ」に戻したいだけだッ!

(SBR18巻 #72 涙の乗車券 その➁)

大統領に全ての遺体を奪われた状況で、
諦めるのも手だと話すジャイロへの、
ジョニィの痛切な叫びです。

ジョニィにとって重要なことは、
遺体が誰かという事ではなく、
遺体が脚を動かしてくれた事実です。

転落した人生をやり直せるチャンスを、
足掻いてでも掴もうとするジョニィに
心を動かされずにはいられません。

……
実は…
何て言うか
…ゴホッ!
フェチってわかる?
……

ちょっとしたフェチがあってさ…
何て言うか…実は
女の子のさ……
「虫さされフェチ」って…わかる?

女の子の
二の腕とか足とかの
皮膚が蚊に刺されて
プチッと赤く膨れるだろ

あれに興奮する!

(SBR19巻 #76 D4C その➈)

大統領との決戦の直前に、
お互いの秘密を明かしあう場面で、
ジョニィが打ち明けた衝撃のフェティシズム

この告白にジャイロはドン引きでしたが、
分かる人には分かる…のかなぁ?


ジャイロは
このために……
「LESSON5」はこのために…
ありがとう…

ありがとうジャイロ
本当に…

……
本当に……

「ありがとう」…
それしか言う言葉が
みつからない…

(SBR22巻 #86 ボール・ブレイカー その④)

ジャイロが遺したヒントを元に、
タスクACT4を発現したジョニィの、
ジャイロへの感謝が込められた名セリフ。

これまでのジョニィとジャイロの旅が思い出されて、
読むたびにグッとこみ上げるものがある名言。

タスクACT4への覚醒は、
私が知る限りで最高の覚醒シーンです。


『生贄』は……
……
ヴァレンタイン大統領!

どっちになると思う?

(SBR22巻 #86 ボール・ブレイカー その④)

タスクACTから逃れようとする大統領に、
ジョニィが言い放ったこちらのセリフ。

ジョニィやジャイロだけでなく、
自身の妻や部下たちも、目的のための
『生贄』だったと語る大統領への
皮肉を感じさせる名言です。


僕は…
あんたの「誓い」を今
…………
100%信じることにした

これからあんたに
「逆の回転」を撃ち込んで
あんたの体の中の
「無限の回転」を止めてあげたい

本当に心からそうしたいと思う

だが
あと1%信じたい

あんたの誓いの
「裏」のさらなる「裏」に
『だまし討ち』と
『裏切り』が潜んでいない事を…

(SBR23巻 #86 ボール・ブレイカー その④)

ACT4の無限の回転から逃れたい大統領は、
別次元から生きたジャイロを連れてくる代わりに、
無限の回転を止めさせる取り引きを持ち掛けます。

ジャイロともう一度会える可能性に
ジョニィはギリギリまで迷いますが、
最後の最後で機転を効かし、
別次元の大統領が使用した銃を利用して、
大統領の言葉が真実かを確かめました。
これは、そんな場面でのセリフです。


ジャイロ…………
…………
…………
…………

すまない…………

すまなかった…………

信じたかった
本当に…大統領を信じたかった

さようなら
ジャイロ

…………
さようなら

(SBR23巻 #89 ブレイク・マイ・ハート ブレイク・ユア・ハート その➁)

大統領の取り引きは嘘であり、
それを見破ったジョニィは
一騎打ちの末、大統領を殺害します。

しかしそれは、ジャイロともう一度
会えるチャンスを永遠に失う事でもあり、
この台詞からも、その悲しみが伝わります


いや…
「射程」がギリギリだ…
何か変だ……

あいつ…まだ推定無罪だが
……爪弾の「射程」に入ったなら
即!始末してやる…

(SBR23巻 #90 ハイ・ヴォルテージ その①)

大統領の死後、遺体を横取りして逃げた、
謎の人物に対してのジョニィのセリフ。

ジョニィの漆黒の意思が
ビリビリ伝わってくる名言です。


どういうわけか…
絶対に船から下ろせないんだな

これが…

すでに無理
ニョホホ

出航させるしかないんだよ

(SBR24巻 #95 星条旗の世界 -OUTRO)

全てが終わり、ジョニィが故郷へ帰るため
ジャイロの遺体と共に乗船しようとしたところ、
船の規則でSBRの係員に制止されかけます。

ですが、ジャイロの眠る棺には、
すでにACT4の無限の回転がかかっており、
言葉通り絶対に下ろせない棺となっていました。

このセリフはその場面での発言です。
ジャイロの口癖が
さりげなく伝染っているのがポイント。


『祈って』
おこうかな………

航海の無事を………
この大西洋を渡って
家に帰ろう………

家に…
帰ろう…

(SBR24巻 #95 星条旗の世界 -OUTRO)


SBRの最後を締めくくるセリフ。

荒木先生の以下のコメントと合わせて読むと、
この台詞の持つ意味の重さが変わります。


この『SBR』を描いていて、
登場人物たちの共通点が見え始めていますが、
それは全員家に帰りたがっています。
というか帰る場所と帰る意味をを探しています。
それは故郷のあるジャイロでさえ。
登場人物の中でそれを探せたのは、
今のところ「マウンテン・ティム」だけ。
SBR』を描いていてる作者自身も
執筆していて何が過酷かというと、
本当にこのレ-スから家に帰りたい。
でもまだ帰れません。
キャラクターたちが故郷に帰る意味を探せるまでは
(出典: SBRのコミックス18巻 作者コメント)



おわりに


いかがでしたでしょうか。
ジョニィの名言は、他の部の主人公と比べて
人間的弱さが前面に出たものが多く、
だからこそ、それらの言葉が
より強く心に迫ってくるように感じます。


私たちも、漆黒の意志まではいかなくても、
ジョニィの覚悟と決断力は見習いたいですね。


ジョニィのファンにおすすめ


私はジョジョのコミックスは全巻揃えていますが、
電子書籍だとカラーで読めるのが魅力ですね。
ジョニィ&ジャイロと、もう一度旅をしたい方はぜひ。

この記事を読んだ方へオススメの記事

www.taikutsu-breaking.com


広告