読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

自分で描いたドット絵をGIFアニメにする方法をジョジョで解説!

ドット絵

GIFをアニメーションさせよう!

f:id:ama46572222:20161208092417j:plain

こんにちは、DAIMAです。
前回の記事では、承太郎のドット絵を作成しましたが、
今回はそれをgifアニメにして動かしたいと思います。

具体的には、一枚絵をもとにして
複数の差分画像を作り、
最後にそれらをツールでgifアニメに合成します。

gifアニメは誰でも手軽に始められて、
描いたものが動く感動が味わえる、
とても素晴らしい表現技法です。
どうか最後までおつきあいください。

差分の画像を作ろう

f:id:ama46572222:20161207212150j:plain

gifアニメーションを作るには、
元の絵から複数枚の差分を用意する必要があります。
ここでも、前回同様ドット絵作成ソフトを使いましょう。

今回動かすのは学ランの裾部分ですので、
そこに目立つ色(今回は蛍光緑)で
二枚目用の線画を上書きしています。

差分のドット絵を作るコツとしては、
完成時の動きを頭でイメージしておくと楽です。
頭でイメージするのが難しい場合は、
動画で似た動作を確認したり、
自分で実際にその動作をやってみるのも有効です。

f:id:ama46572222:20161207213116j:plain

線画が描けたらマスク機能で保護して、
元絵の学ラン部分は消してしまいましょう。

f:id:ama46572222:20161207213139j:plain

そして、残った線画を黒で塗り、
元絵と同じように内部も彩色します。

f:id:ama46572222:20161207220301g:plain
f:id:ama46572222:20161207220610g:plain

上記の手順を繰り返し、
元絵と少し状態が違う差分のドット絵
二枚出来上がりました。
次の行程で、これらを組み合わせて
アニメーションGIFを作ります。

ドット絵をGIFアニメに変換する

ao-system.net

今回は、ブラウザ上で動きインストール不要の、
上記のアニメーションGIF作成ツールを使用します。

ここの「画像ファイル〇を選択」ボタンを押して、
先ほど作った画像データを指定します。

隣にある、画像を表示する長さを指定する
「持続時間」のボックスには6を指定しました。
これで、約0.06秒ごとに画像が切り替わります。

f:id:ama46572222:20161207211435g:plain

結果がこちら。
動いてはいますが、ちょっとカクカクしてますね。
もう少しなめらかな動きを目指したいところです。

もっとなめらかに動かそう

動きをなめらかにする方法は単純で、
1秒あたりに表示する画像を増やします。
ここは、先ほどの3枚に加えて、
中間画像をさらに二枚追加しましょう。

f:id:ama46572222:20161207210613g:plain

計五枚でのアニメーションです。
先ほどよりなめらかに動いてますね。
ただ、こうも裾がバタバタ動くと、
他の部分が動かないのは不自然です。

f:id:ama46572222:20161208091123g:plain

細部の動きを追加しました。
ちょっとしたことですが、
一気に自然な感じになりました…よね?


複雑な動きは下書きを描くべし

今回は、裾を上下にはためかすという
比較的単純な動作だったため、
アニメーション作成も簡単でした。

ですが、たとえば走る動きや
全身を回転させるような動きの場合は
一気にアニメの作成難度が跳ね上がります。

そんな時は、まず動きを頭でイメージして、
ひと通りの流れを紙にスケッチしてみましょう。

スケッチしておくことで、
アニメの全体像がいつでも確認可能になり、
作成途中での動きのズレを防止できます。


3Dモデルから描き起こす手も

絵を描くのが苦手な方や、
複雑なアニメーションを作る場合、
先に3Dモデルを作ってから
それをドットに起こす方法もあります。

BlenderMMDなど、
高機能な無料の3D作成ツールも存在しますし、
ドット絵で精密な動きを表現したい場合は
実は有効な手段だったりします。

f:id:ama46572222:20161208094314g:plain

上記のジョナサンのGIFアニメは、
PS3の某ゲームのキャプチャ動画から
一コマずつ描き起こしたものです。

複雑な動作も崩れることなく
ドット絵に再現できましたね。

さいごに

正直なところ、今回ご紹介したのは
あくまでも私なりのやり方で、
まだまだ改善の余地があると思います。

今後、よりよい方法や
新しいGIFアニメ作成ツールを見つけたら
すぐにご紹介しますのでよろしくお願いします。

広告