退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

ツェペリ家の宿命を受け継ぐ鉄球使い ジャイロ・ツェペリの名言集25選!


f:id:ama46572222:20161124111637j:plain

SBRのもう一人の主人公!

こんにちは、DAIMAです。
今回ご紹介する名言は、ジョジョの奇妙な冒険第七部
スティール・ボール・ラン(SBR)」に登場する
ジャイロ・ツェペリの名言です。

ジャイロはネアポリス王国で、
代々死刑執行人の職を務めるツェペリ一族の末裔。
無実の少年の執行を阻止するため、
SBRに参加しジョニィと共に主人公を務めます。

ジャイロの魅力は熱さとユーモアのバランス。
ジョジョの主人公にふさわしい正義感と情熱を持ち、
かと思えば唐突に変なギャグを披露したりと、
見ていて楽しい、友達になりたいタイプのキャラです。
それでは、そんなジャイロの名言集をお楽しみください。

ジャイロ・ツェペリの名言集

おれはやさしくないぜ
その銃を指からはなすんだ
……そして医者へ行け

昼飯前までにな

ジャイロのSBR参加費を盗んだチンピラと
「決闘」をすることになったジャイロ。
鉄球で速攻チンピラの自由を奪い、
腕がねじれて驚くチンピラに対して
このセリフをつぶやきました。

しかしそれでも負けを認めないチンピラは、
自分で自分の頭を撃ちぬく最期を迎えます。
最後まで生きるチャンスを与える慈悲深さと、
処刑人としての厳しさが垣間見える名言ですね。

もらえるものは
病気以外なら
なんでもイタダくぜ
…………
タイム・ボーナスは
とくにな~~~~~~~
ニョホ

第四部の虹村億泰から受け継がれる、
もらえるものはなんでももらう」の精神ッ!
ジャイロのキャラクターにピッタリの名言です(笑)

LESSON2は
『筋肉には悟られるな』…………

だ!

ジャイロの一族に伝わるLESSONの二つ目。
ジャイロはスタンドに技術で立ち向かうのが
新鮮なキャラクターでしたね。

おれのは『技術(ワザ)』だ

人間には未知の部分がある

自分の受け継ぐ技術への誇りを感じる名言。
人間の可能性という意味で、
人間賛歌にも繋がるメッセージです。

オレは一族を誇りにしてるし
父の『後を継ぐ!』
この仕事はオレの「宿命」だ

それは何も変わらない…
昔からも これからも

だがオレは納得したいだけだッ!

(4巻 ジャイロ・ツェペリの宿命 その2)

父から受け継いだ仕事を大切に思いつつも、
無実の少年を斬首しなければならない
理不尽な現実に怒りを見せたジャイロのセリフ。

納得」はジャイロにとって最も重要な言葉であり、
以降の名言にも頻出する重要ワードです。

父は口にするなと言ったが
俺は国王から命ぜられる この任務を
我が心の「誇り」としたい!

有罪か無罪か!
「納得」は必要だッ!
『納得』は『誇り』なんだ!

(4巻 ジャイロ・ツェペリの宿命 その2)

前のセリフから続く名言です。
誇りに思う仕事だからこそ、
筋の通らない事はしたくない。
ジャイロのこの考えに共感できる方も
多いのではないでしょうか?

走れッ!
GO! ジョニィ GOッ!
GO!!
GO!

(6巻 スケアリーモンスターズ その3)

フェルディナンド博士の操る恐竜の群れから
ジョニィ共に逃げ出す場面でのジャイロのセリフ。
元ネタはチャック・ベリーのジョニー・B・グッドですね

オレもおまえを見習うか…
まじに遺体を探す事はよォ―
このオレを…
もしかしたら少しは
成長させてくれるかもな

(7巻 #32 3rd.STAGE ゴール.キャノン・シティ)

3rd.STAGEのゴール手前、
ディエゴの胃石をぶつける反則技で、
ステージ優勝の座を奪われたジャイロ。

このセリフは、そんなステージのゴール後に
ジャイロが座り込みながら呟いたセリフです。

ここでの敗北が、後のリンゴォ戦での
ジャイロの成長に繋がります。

お言葉ながら父上
「感傷」てすと…!!
それは違います

しかもあの野郎
オレの事を「対応者」だと?

偉そうによォ――
くだらねー事言いやがって………

オレは「納得」したいだけだ
マルコが本当に処刑されなくては
ならないのか!?
ジョニィが見つけたがっている
「遺体」とは何者なのか?

「納得」はすべてに優先するぜッ!!

でないとオレは「前」に進めねぇッ!
「どこへ」も!「未来」への道も!
探す事は出来ねぇッ!!

(8巻 #35 男の世界 その3)

大統領の刺客、リンゴォ・ロードアゲイン
協力者のホットパンツとジョニィを倒され、
ジャイロ自身は「受け身の対応者」扱いされた上、
殺す価値もないとして見逃されます。

敗北感と屈辱を感じるジャイロの前に
ネアポリスにいる父グレゴリオの幻影が現れ、
ジャイロにレースを降りて国へ帰るよう命じます。

ですが、ここでジャイロは奮い立ち、
上記の名言を語り、再びリンゴォに挑みます。
ここでも「納得」が登場している点に注目。


やはりよォォォ
戻したな…………
「6秒」!……

で…
どうする?
「再び」か?

再びかァァ――ッ!!

(8巻 #35 男の世界 その3)

6秒時を巻き戻せるリンゴォのマンダムに対し、
この名言を叫びながら
何度でも相打ちになる覚悟を見せたジャイロ。
つい真似して叫びたくなるアツさです

決めるのは おまえじゃねぇ――――ッ
お互い後には引けねぇッ!!

(8巻 #35 男の世界 その3)

「まだ対応者の目だ」と語るリンゴォに、
ジャイロが返したセリフ。
このvsリンゴォ編は、ジョジョファンの中でも
屈指のベストバウトに挙げられる名勝負でした。

そこちょっと
失礼(シィ・トゥ・れい)ィィィィィ~~

(8巻 #36 緑色の墓標 その1)

ジャイロが満を持して披露したギャグ。
セリフに合わせて指の形が4、2、0に変化します。
気になるジョニィの評価は…
かなり大爆笑」(真顔で)


ピザ・モッツァレラ♪
ピザ・モッツァレラ♪

♪レラレラレラレラ♪

♪レラレラレラレラ
レラレラレラレラ♪♪

ピザ・モッツァレラ♪

(10巻 #41 サイレント・ウェイ その2)

ミシシッピー河の湖畔で
ジャイロが披露した「チーズの歌」
歌詞の2番は「ゴルゴン・ゾーラ」で繰り返し。


ジョニィからは『気に入った!』
『ヨーロッパなら大ヒット間違いなしかも』
『バンド組む?』と大絶賛でした


敬意を払え

敬意を払って「回転」のさらなる
段階へ進め…
『LESSON4』だ
(たしか…たぶん)

(10巻 #42 サイレント・ウェイ その3)

音のスタンド「イン・ア・サイレントウェイ」に
追い詰められた状況で、ジャイロが
ジョニィに伝えた4つめのLESSON。

たしか…たぶん。

「ネットにひっかかってはじかれたボールに」乾杯は?

ダメか? じゃあ次の「遺体」に……

次の「遺体」とゴールに…

(12巻 #48 チューブラー・ベルズ その1)

シュガーマウンテンの泉のルールにより、
木に取り込まれるジャイロを救うため、
せっかく手に入れた遺体を敵に譲ったジョニィ。

ジョニィに助けられたジャイロは、
泉のルールで物々交換した飲みかけのワインで
「乾杯」をしないかと持ち掛けます。

この場面は、セリフも素晴らしいですが、
雪の降りしきる路上で、
二人が静かに乾杯する光景もまた美しいものでした。

ちなみに、「ネットにひっかかってはじかれたボール」とは
ジャイロの父グレゴリオの教えに由来する言葉。
次のセリフで詳しく解説します。

「ネットにひっかかったボール」は
どちら側に落ちるのか?

この人のは違う!

何もしなければ
永久に闇に浮かんだままだ…

ボールはどちらにも落ちない

(14巻 #52 壊れゆく鉄球 レッキング・ボール その2)

回想シーンでの、修業時代のジャイロのセリフ。
労働中の事故で搬送されてきた盲目の女性に対し、
ジャイロは眼の治療も行える可能性を見つけます。
しかし、父グレゴリオは、
命を救えるならその事だけに感謝すべきだ
よけいな領域には踏み込むな…
と言い、事故の治療だけをするよう言いつけます。

しかし、父の考えに納得できないジャイロは、
このセリフとともに、女性の眼の治療を決断します。
ですが、結果として事故のケガは完治しましたが、
視力の回復手術は失敗に終わってしまいます。

手術の失敗は自分のミスだったと自責するジャイロ。
しかし、女性は後述するウェカピポの妹であり、
もし目の手術が成功して視力が戻って入れば、
元夫の父に暗殺されていた危険があったため、
この失敗はむしろ不幸中の幸いとなりました。

グレゴリオの言葉は結果的に正しかったものの、
患者の視力を戻そうとしたジャイロの気持ちもわかる。
そんな考えさせられる奥深い名言です。


「一手」……

オレの方が「上」を行ってるんだぜ
…ウェカピポ!

(14巻 #54 壊れゆく鉄球 レッキング・ボール その4)

氷を砕き自然の黄金長方形を降らし、
ウェカピポに大逆転勝利したジャイロのセリフ。

勝利をチェスの「一手」に例える表現は、
プッチ神父のセリフにもありましたね。


あんたが護衛するのは
「国王」か「大統領」じゃなきゃあダメか…?
「女の子」でもいいだろ…?

(14巻 #52 壊れゆく鉄球 レッキング・ボール その2)

敗北し、自決しようとするウェカピポに対し、
それを止めて新しい目標を与えたジャイロ。

さりげないやさしさがジャイロの魅力です。


タイトル…
『これがオレの一週間』

『月曜日』からァ
『日曜日』までの「曜日」を
イタリア語でいいます

ただしィ――

「水曜日」でバカになって
「木曜日」にエスプレソコーヒーをいれてェ

「金曜日」にスプーンで砂糖かきまぜてェ
「土曜日」に飲み干します

「日曜日」は安息日です

じゃあさっそくいくぜ

『ルネディ』月曜日! Lunedi

『マルテディ』火曜日 Martedi

メェーェ…
なんだっけ忘れたァァァ
ワハハハハハハハハ
ハハハハハハハハハッ!

なんだっけなんだっけェェ
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
ヘヘヘヘヘヘヘヘ
ヘヘヘヘヘヘヘヘ

えっとなんだっけェェ
エヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘ
ヘヘヘヘヘヘ

ぜんぜん忘れたァァ
ワハハハハハハハ
ハハハハハハハ
ハハハハハハハハハ
ハハハハハハハ

『ドメニカ』 日曜日

(16巻 #63 7日で一週間)

一話まるまる使って披露された
ジャイロ渾身のギャグ。
本人が「パクリっぽい」と話すように、
元ネタは「世界のナベアツ」の
3でバカになるギャグです。

このギャグに対するジョニィの評価は…
『いい―ねぇ―』『すごくいいよ!超イケでる』
『幸せそーな一週間何だっていう…
時間の概念がない所がとてもいい!』
とのことでした。


時々 つくづく思うんだ
ご先祖様ありがとうってね

(17巻 #66 D4Cその①)

『マス目』で攻撃するディ・ス・コに対し、
鉄球の回転による空気屈折率の操作で
逆転勝利したジャイロの決めセリフ。

先祖に感謝する気持ちは、
洋の東西を問わず共通ですよね。


いつか あいつをブッ殺してやるが
今持つべきものは「友」より「敵」だな……

『どうやら見つけてくれちゃったようだぜ』
Dioの恐竜ちゃんありがとう

3キュー
4 ever

(19巻 #73 D4Cその⑥)


大統領を追うディエゴを見つけたジャイロのセリフ。
お馴染みの数字を使ったギャグも健在です。

オレの本当の名は
ユリウス・カエサル・ツェペリ」だ
父上がつけてくれた…
弟たちでさえ本名は知らない…
絶対に人に言うなよ

(19巻 #73 D4Cその⑥)

大統領との決戦の直前、
ジョニィとお互いの秘密を教えあった場面での、
ジャイロの秘密の告白です。

これって、日本なら自分の名前が
織田信長』とか『坂本竜馬』という感覚でしょうか。
そう考えるとジャイロが恥ずかしがるのも頷けます(笑)


もし馬から
「回転のエネルギー」をオレたちに得られるなら……
馬の「走行形」は「黄金長方形」しかないはずだ

馬自身が「良い」と思うように走らせろ…
馬がこの草の上を自然体で走って喜ぶように……

馬自身が……

この大地と空の下に生まれてきた事を
感謝するように…

(19巻 #20 D4Cその⑬ -ラブトレイン-)

大統領のD4Cラブトレインを打ち破るため、
『騎兵の回転』に必要な事を語るジャイロのセリフ。

無敵の大統領の能力を攻略するカギが、
長旅を共にしてきた愛馬というのが
実に感慨深い流れでしたね。


ジョニィ!
『LESSON5』だ…そう…確か

次は『LESSON5』だ

オレはこのSBRレースで
いつも最短の近道を試みたが

『一番の近道は遠回りだった』
『遠回りこそが俺の最短の道だった』

この大陸を渡ってくる間ずっとそうだった

そしておまえがいたから
その道を渡って来れた

(21巻 #84 ボール・ブレイカー その➁)

大統領との最後の一騎打ちの直前、
ジャイロがジョニィへ向けて贈ったセリフ。
この短い言葉に、ジャイロがこれまでの
レースで感じてきた全てが詰まっています。


オレの鞍の上にはすでに
勝利の女神」が乗っている

他の女の子なんか乗せたりしてみろ!
「女神」が嫉妬するだろう…

勝利に見放されるぜ

(21巻 #84 ボール・ブレイカー その➁)

ジャイロが大統領に敗れ去った直後の、
回想シーンでのジャイロのセリフ。

ジャイロらしいキザなセリフですが、
大統領との一騎打ちの際に
ルーシーを載せていたことを考えると、
本当に女神が嫉妬されてしまったのかもしれませんね。

まとめ

以上、ジャイロ・ツェペリの名言集でした。
しかし、冷静で冷酷な判断も出来るジョニィと、
陽気で人間的なジャイロは、本当にいいコンビでしたね。

残念ながらジャイロは作中で死亡してしまいましたが、
ジャイロの家族や兄弟たちは生きているはずなので、
同じ世界の「ジョジョリオン」で
ツェペリ家の末裔が登場することをひそかに期待しています。

この記事を読んだ方へオススメの記事

www.taikutsu-breaking.com