退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

趣味が無いぼっちにおすすめ。一人でできるお金のかからない趣味7選

はじめに

こんにちは、daimaです。
当記事では、新しい趣味を見つけたいけど
一緒に何かする友達もいないし、
お金もない…という方のために、
一人でできて、あまりお金がかからず、
それでいて極めようと思えば
とことん極められるおすすめの趣味

私の実体験つきでご紹介します。

特に、一人でもできるというのがミソで、
多人数で何かするのが苦手な方(私の様に)や
自分のペースで趣味に没頭したい方に
きっとお役に立つ内容になっていると思います。

それでは、どうぞ!

1.筋トレ(予算:器具代1000円程度)

f:id:ama46572222:20171007145727j:plain

個人的に、一番やってよかった
と思える趣味が筋トレです。

筋肉は最高のおしゃれという言葉があるように、
肩や胸板のボリューム感次第で
洋服の着こなしが大きく違ってきます。
加えて、肉体が逞しくなることで自信がつき、
間接的に社交性もアップします。

細マッチョを目指す程度であれば
せいぜい5km程度のダンベルと
十分な食事があれば、あとは
自重トレーニングだけでも十分です。

高い会費を払ってジムに通う必要はないし、
もちろんライザップも必要ありません。

また、ウェイトトレーニングだけでなく
サイクリングやランニング、縄跳びといった
長時間行う有酸素運動と組み合わせると
より効率よく身体を絞ることができます。
(私は定期的な筋トレに日15km程度の
サイクリングを組み合わせています)

ただ、気を付けなければならないのは、
トレーニングを行う際は正しいフォームと
適度な負荷を知っていないと、
効率の良いトレーニングには
ならないという点です。

素人判断でいきなり
高負荷の筋トレをすると、
十分な効果が得られないばかりか
体を痛める原因にもなりかねません。

私の場合、最初に自己流で
腹筋を始めて、腰を痛めてしまった
失敗があってからというもの、
こちらのような筋トレ専門サイトや
プロが動画で正しいフォームを教える
筋トレ動画を見て正しいフォームを
身に着けてから筋トレを行うようになりました。

また、これは完全に余談ですが、
私が筋トレを行う際の
モチベーションとなっている
悲しい思い出がひとつあります。

それは、私が小学生の頃、
朝の校内マラソンの時間に
すれ違いざまに別のクラスの生徒に
「こんにゃく!」と罵られ、
幼心にいたく傷心した…というものです。
(私は身長が高いがやせ型で、当時はそれはもう
痛ましいくらいのヒョロガリだったのです。)

今でも筋トレに励むときは、
その時の悔しさをバネに頑張っています。
ネガティブな感情も時には役に立つものですね(笑)


2.映画鑑賞(予算:月/1,000円〜5,000円程度)

f:id:ama46572222:20171007145749j:plain

現代において、エンターテイメントの
王様といえばやはり映画です。
良い映画との出会いは、
一生心に残る宝物になりますし、
映画の話題は誰でも入ってきやすいので
会話のきっかけとしても役立ちます。

加えて、現代ではありがたいことに、
NetflixやHulu、Amazonプライムビデオなどの
各種動画配信サービスにて、
家に居ながらにしてレンタルから視聴まで
簡単にできてしまう環境が整っています。

例えば私の場合、以下のような環境で
毎週欠かさず映画鑑賞を楽しんでいます。

PC or スマホ + Amazonプライムビデオ + Chromeキャスト

今更感はありますが、Amazonプライム
会員特典の一環であるAmazonプライムビデオの
圧倒的なコストパフォーマンスは
目を見張るものがあります。

  • 1000本を超える映画や多数のアニメ、ドラマが見放題
  • 劇場公開終了後間もない作品もワンコインでレンタル視聴可能
  • レンタル後すぐに再生可能で、再生途中の読み込み待ちもほとんどなし。

特に大きいのが、Amazon Fire TVや
Chromeキャストを使えば、
PCやスマホの画面をテレビに投影して
手軽に大画面で映画を楽しむことができる点。
デッキにビデオをねじ込む労力すら必要ないのです。
(※ちなみにプライムビデオは
Chromeキャスト未対応ですが、
Chromeキャストは
ブラウザ自体をキャスト可能なので、
実質的には問題なく利用可能だったりします。)


商店街やトイザらスを追い詰めたり、
配達員泣かせで悪名高いAmazonですが、
映画好きにとっては非常にありがたい存在ですね。


3.読書 費用 (月2,000円〜5,000円程度)

f:id:ama46572222:20171007145801j:plain

読書ほど身近で有意義な趣味もありません。
知識や教養が身に着くのはもちろんのこと、
読書する事が前頭葉の働きを活発にし、
創造力や記憶力、コミュニケーション能力の
活性化につながることは良く知られていますよね。
(ちなみに、これは映画やゲームでは得られない効果だそうです)

良い本と出会うコツとしては、
書店に足を運んで新刊や平積みの本を
一通りチェックしてみたり、
HONZ」や「紀伊國屋書店のブログ」といった
書評サイトを利用するのが大変おすすめです。

ただ、本を買い集め出すと
避けて通れないのが置き場所の問題です。

読み終えた本は
ブックオフなどに売っても良いですが
大抵の場合二束三文で買い叩かれますし、
なにより重たい本を
売り場に持っていくのも大変ですよね。

そこでおすすめしたいのが
今や人口に膾炙しきった感のある
電子書籍の活用です。

お手持ちのスマホタブレット
kindleアプリをインストールして
amazonなどで電子書籍を購入して
ダウンロードすれば、デバイス
重量ゼロの大容量書庫に早変わりします。

ただし、電子書籍で買わない方がいい
タイプの本もあります。
それは、ページ間を行ったり来たり
することの多い学習参考書です。

私はプログラミングの学習書籍を
電子書籍で購入したことがあるのですが、
電子書籍ではそうしたアクションが
思いのほか面倒であり、
それでいて本の内容はなまじ良かったために
結局同じ本を紙の本で買いなおすことになりました(泣)
(ちなみに、専門書は中古でも
比較的高く売れることが多いため
なおさら紙の本で買った方が得なことが多いです)


4.釣り (道具代3,000円程度)

f:id:ama46572222:20171007145812j:plain


一日幸福でいたかったら、床屋に行きなさい。
「一週間幸福でいたかったら、結婚しなさい。」
「一ヶ月幸福でいたかったら、良い馬を買いなさい。」
「一年幸福でいたかったら、新しい家を建てなさい。」
「一生幸福でいたかったら、釣りを覚えなさい。

古代中国にこんな諺があるように、
釣りは古来から
一生を通して楽しめる趣味として
多くの趣味人に愛されてきた歴史があります。

中でもこれから釣りを
始めようと思ったときに
金銭面と手軽さの面から
特にイチオシなのがサビキ釣りです。

サビキ釣りとは、5m程度の短い竿に、
サビキ用の針と撒き餌を入れるカゴ、
重りを結んで、適当なポイントに
仕掛けを沈めて魚を狙う釣り方のこと。

この釣り方をおすすめする理由は、
まず第一に、道具やポジショニングに
あまりお金をかけずに済む点です。

例えば道具は、以下のアイテム一式を
近場の釣具屋で揃えれば
すぐにでも釣りを始めることができます。
全て揃えても3、4,000円程度で済みますね。

  • 5m程度の短竿(1,000円程度)
  • サビキ用の針(200円程度)
  • おもり(200円程度)
  • カゴ(200円程度)
  • 撒き餌(500円程度)
  • クーラーボックス※釣った魚を持ち帰る場合(1,000円程度)

釣り場については、港や海浜公園がベスト。
良いポイントには大抵先客がいるので、
おまつり(他の竿と糸が絡む事)に
ならないに程度に距離をとってから
その近くで釣りを始めると良いでしょう。

潮風と波の音を感じながら
獲物をじっと待つ緊張感と、
魚がかかった時の興奮は
一度体験すると病みつきになる
快感があります。

また、時期やタナの深さによって
釣れる魚が変わるのも釣りの面白さ。
例えば投げ釣りで底を探れば
海底に棲むキスなどを狙えますし、
エギ(ルアー)を使ったルアーフィッシングで
アオリイカや60cm越えのシーバスを狙うこともできます。

次の狙いはこの魚種で、そのためには
この日が天候的にベストで、時間帯は…
といった具合に、計画を練って
それを実行することを楽しめるようになったら
完全に釣りの世界にハマった証拠と言えるでしょう(笑)

交通手段や天候に左右される趣味ではありますが、
一生付き合っていける息の長い趣味として
凝り性の人ほどおすすめの趣味です。


6.WEBラジオ(費用:0円)

f:id:ama46572222:20171007145826j:plain

一時はテレビに取って代わられた
ように思われたラジオ業界ですが、
近年のWEBの広がりに合わせて
大きく息を吹き返しつつあります。

その代表的な例がradikoを始めとする
ラジオアプリの普及です。

地元のチャンネルでローカル情報を
チェックできるのは勿論、
藤井隆サンドウィッチマン
宮藤官九郎、オードリーなど、
人気芸能人がパーソナリティを
務める番組も多く放送されており、
テレビ好きにも大変お薦め。

また、WEBラジオで音楽を聴くなら
Audialsというサービスが
ヒジョ~ ~ ~ にイイ感じです。

Audialsとは、63,000を超える
世界中のラジオステーションを聴ける、
マルチデバイスのラジオプレーヤー。

アーティスト名やジャンル、
人気順などで検索をかけることができ、
お気に入り登録機能や
ラジオの録音機能も備えています。
洗練されたUIによる
抜群の使い勝手の良さも魅力的です。

私は、家で趣味の作業に取り組む際や、
仕事中に集中したい場面などで
よくこのアプリのお世話になっています。

ちなみに、私は次のようなチャンネルを
作業中ずっとローテーションで聞いています。

  • cjyc-fm(懐かし洋楽ヒットメドレー)
  • cdnx(90年代ブリットポップ)
  • bassmandero(ブロステップ)

この他にも、クラシックやブルース、
メタル、アニソンなど
豊富なチャンネルがありますので、
音楽好きの方は是非一度
お試し頂ければと思います。


5.美術館巡り(1館 500〜1,000円程度)

f:id:ama46572222:20171007145847j:plain

アートに興味があるなら
感性が磨ける美術館巡りがおすすめです。

ゴッホやダリ、ピカソなど、
美術の教科書に載っているような
超有名な画家の作品であっても
写真と生で見るのとでは、
マチエールの有無もあり
やはり迫力が段違いです。

f:id:ama46572222:20171007150523j:plain
(引用:独立行政法人国立美術館)

例えば、中学校の教科書の表紙などで
ご記憶のある方も多い可と思われる
東山魁夷の「残照」。

私はこの作品を東京の美術館で
生で拝見したことがありますが、
実際に作品と向き合ってみると、
一種の静謐さ、神々しさ、自然に対する
東山魁夷の深い畏敬の念が伝わってきて
思わず絵の前で立ち尽くしてしまいました。

また、作品の隣に合った解説を読んで、
この絵が描かれた当時に
魁夷が兄、父、母、弟を相次いで無くし、
絶望の底にありながら、このような生命感あふれる
作品を描いたという背景を知って
より深い感銘を受けたことも覚えています。

展示内容以外でも、
個性的なものが多い
美術館の建築について目を向けると、
これが誰もが知っている有名建築家の
作品も多く、意外な発見があります。

例えば、新国立競技場のデザインも手がける
隈研吾氏の設計による富山市ガラス美術館は
建物自体が一つの作品といった趣です。
(内観にも木材がふんだんに使われ、
二階から六階に抜ける吹き抜けは
一度見たら忘れがたいインパクトでした)

美術館というより記念館ですが、
谷口吉生氏の設計による金沢の鈴木大拙館などは、
「禅の精神」をテーマとしたユニークな建物で、
中を歩いているだけで悟りが開けそうな
不思議な空気が充ちていました。

このように、美術館巡りは
自分の視座を広げるのに役立つ趣味であり、
なおかつ高くても1,000円程度で
半日は時間をつぶせるので
コスパの面でも大変お薦めです。


6.観葉植物の育成(一鉢500円~)

f:id:ama46572222:20171007145913j:plain

生き物を飼ってみたいけれど、
犬や猫を飼うのは世話が大変だし
お金もかかるので難しい。

そんな方にお薦めなのが
手のひらサイズの観葉植物の育成です。

毎日手入れを続けていると
だんだん植物に対する愛着がわいてきますし、
空気清浄化によるリラックス効果や
目の疲れを癒す効果も期待できます。

初心者が初めて手を出すなら
次のような品種がおすすめですよ。

ユッカ(青年の木)

乾燥に強く、非常に育てやすい植物。
青年の木」の別名通り、
少しの手入れでどんどん葉っぱが伸びます。

ポトス

ポトス(ポット苗)

ポトス(ポット苗)

サトイモ科のつる植物で、
生命力が強く、日陰でも成長します。


サボテン

砂漠の植物だけに乾燥に強く、
頻繁に水をやらなくても育ちます。
何より、この丸っこいフォルムが
なんともたまりませんね。


7.ブログ運営 (費用:0円~)

f:id:ama46572222:20171007145928j:plain

今ご覧いただいているこのブログ自体そうですが、
ブログ運営もまた、空いた時間を有効に使える
大変有意義な趣味であります。

自分の考えを言葉で表現することで、
文書を書く力の涵養につながりますし、
なによりブログが人気になって
一定のPVを集めると広告収入によって
収益を得ることもできます。

例えば当ブログの例だと、
現在月に100,000ほどPVがあり、
さらに日に昼食代程度の
収入を安定して生み出しています。

さて、もしこれから新しく
ブログを始めようと思うなら
主に次の二つのパターンが考えられます。

前者のメリットは「とにかく楽」だということ。
システム周りの整備や一般的なSEO対策については
サービス側である程度やってくれるので、
記事の執筆だけに集中することができます。

対して後者は、「自由度の高さ」が最大のウリ。
知識さえあればバックエンドを弄ったり、
動的なスクリプトをゴリゴリ仕込むことも可能です。
また、WordPressであれば、便利なプラグイン
魅力的なデザインのテンプレートを
選んで使える点も見逃せません。

このように、どちらも一長一短ですが、
WEBの専門家でなく、趣味として
小遣い稼ぎ程度のブログを目指すなら
すぐに書き始められる
ブログサービスを利用するといいでしょう。
導入に時間をかけ過ぎて
記事を書く時間が無くなっては
本末転倒ですからね。

さて、いざブログを始めると
どうしても気になってくるのが
ブログの訪問者数、PVです。
これを伸ばすにはどうすればよいか?

ひとつは量を書きまくる事です。
記事が多ければその分
読者が訪れるきっかけが増えますし、
更新頻度の高さは、
Googleからの評価アップにも繋がります。

もうひとつは、
誰かの役に立つ記事を書くことです。
最新のゲームのレビューが知りたい、
薄毛対策が知りたい、アプリの使い方が知りたい、
などなど、自分が書いた記事を読むことで
誰のどんな問題が解決するのかを
意識することはとても大切な事です。

そして最後は、
他人のマネできない記事を書くことです。

ブログ業界はおおむね供給過多であり、
弱小個人サイトであっても、
大手キュレーションメディアや
まとめサイトなどと同じ土俵で
競わねばならない厳しい状況にあります。
(例えば、「映画 おすすめ」「漫画 おすすめ」
などのワードでググってみましょう。
似たような記事が山の様にでてきます。)

私の好きな言葉に、
「人と同じことをするのが一番よくない」
というものがありますが、
ブログ運営においても
同じことが言えるのではないでしょうか。

自分が興味を持ったことに対して、
情熱をもって徹底的に調べ、
読む人が本当に欲しい情報を掲載しつつ
なおかつ独自の視点を持った記事を書く。

このような視点で続けるならば
ブログ運営は最高の趣味になりうるでしょう。


番外編 サイクリング 初期費用 (70,000~)

f:id:ama46572222:20171007145953j:plain

少なくない初期費用が掛かるため
番外編とさせて頂きましたが、
最後に私イチ押しの趣味として
サイクリングをご紹介させていただきます。

それも一般的なシティサイクルではなく、
趣味としてより深く楽しめる、
スポーツタイプのクロスバイク
ロードバイクについてです。

スポーツバイクの
もっとも分かりやすいメリットは、
やはりそのスピードでしょう。

ママチャリやシティサイクル
平均速度が時速12〜19kmに対し、
スポーツバイクの巡航速度は
およそ時速20km〜30km。

車をお持ちでない方は勿論、
ちょっと出かけたいけれど、
車を出すのは億劫という場合にも
スポーツバイクがあれば何かと融通が利きます。

健康面のメリットも数え切れないほどあり、例えば…

といった恩恵を受けることができます。

加えて、ジョギングと比べると
圧倒的に腰への負担が少ないのも
サイクリングの見逃せない利点です。

これは、自転車の構造上、
体重による負荷が一点に集中せず、
複数の位置に分散されるからであり、
事実、腰痛が原因でランニングに挫折した私も、
自転車に乗り始めてからは
腰に全く痛みを感じることなく運動ができ、
心底助かっています。

一人でも気兼ねなく始められ、
パーツのカスタマイズや走行法、
メンテナンスなど、趣味としての
奥深さも文句なしのスポーツバイク。

ただ一点、安全にさえ気をつければ
この上なく最高な趣味と言えるでしょう。

広告