読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

手書きメモを速攻テキスト変換するアプリ"Nebo"がすごい!

iPad アプリ


f:id:ama46572222:20161008141538j:plain

はじめに


こんにちは、DAIMAです!
今回は、今年8月にリリースされたばかりの
iPad Pro向けメモアプリ、Neboをご紹介します。
(現在、リリース記念で無料DL可能)

Neboとは


手書き文字変換アプリと言えば、
MazecやGoodNotes 4が有名ですが、
今回ご紹介するNeboは、
iPad proとApple pencilでのメモ作成に特化したアプリです。


上記の環境が整っている方なら
ぜひお試しいただきたいこのアプリ。
以下で、その実力を見てみましょう。


はじめ方

f:id:ama46572222:20161008142602p:plain

1.インストール


こちらからアプリをダウンロードします。

2.チュートリアル


アプリを起動したら、
まずはチュートリアルを受けましょう。
基本の機能が実践形式で学べて、
5~10分ほどで完了できます。

3.新規ノートを作る


新しくメモを作成するには、
まずフォルダに新規ノートブックを作成します。


この際、使用言語を選択できるので、
「日本語」を選択しましょう。


以上で、事前の準備は完了です。
次は、ジェスチャやノートの作成など、
Neboの基本的な使い方を見てみましょう

機能紹介

文字変換の精度は?


まずは、このアプリの肝となる
文字変換の精度についてチェックします。

f:id:ama46572222:20161008150204p:plain


手書き文字の上の、グレーの小さい文字が、
アプリが認識機能で変換した文字列です。
私が書いた(ガタガタの)文字も
正確に読み取って認識してくれていますね。


文字認識の速度も速く、
変換されるまで一秒もかかりません。


逆に気になった点としては、
"ツ"と"シ"や、"ャ"など、
シンプルなカタカナ文字では
機械の判別が一度では上手くいかず、
何度か書き直しをする必要がありました。


また、アプリの動作に不安定な面があり、
変換作業中にアプリが落ちることもあります。
作業途中でアプリが落ちるのは結構困るので、
この点は、早期の改善を期待しています。


便利なジェスチャ機能

Neboでは、独自のジェスチャを使って
様々な文章の改編を行います。
以下にて、良く使うジェスチャを紹介します。


文字をテキストに変換

変換したい文字を、指でダブルタップします
ペンではなく、指で押すのがポイント


テキストを編集

変換後のテキストは、
同じくダブルタップで再編集が可能です。


文字を消す

文字全体を覆うように線で塗り潰すことで、
塗りつぶした個所の文字を消去します。


文章を改行

文字列を途中で改行します。
文字と文字の間に、上から縦線を引きます。


文章を結合

二つの改行された文字列を一つに結合します。
結合したい行の左端に、下から縦線を引きます。


文字を見出しに変更

文字の下に、ラインを引きます。


文字をマーキング

色を選択してから文字を囲むと、
選択した色で文字背景にマーキングします。
情報の分類に便利です。


テキストボックスの大きさを変更

作成したテキストを一回タップすると、
編集用の枠線が表示されます。
この枠線を引っ張ることで、
テキストボックスを自由に拡縮することが出来ます


また、テキストをタッチしてスワイプすることで、
並び替えをすることも出来ます。


使い方の幅を広げるオブジェクト機能


オブジェクトとは、
絵や数式など扱える特殊なエリアで、
指で画面を二回タップすると挿入できます。


オブジェクトにどんなものがあるか、
以下でスクショと共に見ていきます。


画像オブジェクト
f:id:ama46572222:20161008220750p:plain


メモにiPad内の画像データを挿入します。
挿入する画像は、写真のストレージか、
その場で撮影したものを選択します。


読み込んだ画像の上にメモを描くことも可能。
比較的、利用頻度の高いオブジェクトです。


スケッチオブジェクト
f:id:ama46572222:20161008220719p:plain


ペンで絵を描くためのオブジェクト。
ここに書いた文字はタップしても変換されません。


Apple pencilが使えるなら、
メモにだって絵を描かない手はありませんね。
学習ノートを作るときにも役立ちます。


ダイアグラムオブジェクト
f:id:ama46572222:20161008142700p:plain

f:id:ama46572222:20161008142705p:plain


テキストを四角で囲んで線でつなぐと、
木構造の図式を綺麗に作ってくれます。


情報を素早く整理したい時に便利です。


数式オブジェクト
f:id:ama46572222:20161008142711p:plain

f:id:ama46572222:20161008142716p:plain


文字通り、数式を扱えるオブジェクトです。
数式を手で書いて、二回タップすると、
使用可能な計算記号を使っていれば、
アプリが自動で式を計算してくれます。


計算が必要なメモを作る場合は、
無くてはならない機能ですね。


応用テクニック

画面分割でメモる!

f:id:ama46572222:20161008150449p:plain


iPad proの画面分割機能を使えば、
ブラウザやアプリを開きながら、
同じ画面でneboでメモを取ることが出来ます。


ネットサーフィン中に気になった内容や、
アプリの使用中にメモを取る際に最適です。

作成したメモを共有しよう


neboで作成したデータは、
DropBoxへ送ってPCで再利用したり、
メールやAirDropで他の人と共有できます。


学習メモを仲間と共有したり、作成したメモを
ブログ記事に転用することも出来ますね。


総評

Good

  • 文字認識の精度は基本的にかなり高い
  • 情報整理に便利なジェスチャが豊富
  • 画像や数式など、豊富なオブジェクトが利用可能

Bad

  • 文字変換が上手くいかない時がある("ジ"や"ャ"などの文字が特に)
  • 小さい画面では文字認識の精度が落ちる(画面分割の時など)


総合して、優れた変換機能と
便利なジェスチャ、オブジェクト機能を備えた
優秀なアプリだと思います。


気になる点もありますが、
まだまだリリースされたばかりですし、
そこは今後の改善に期待します。


現在無料ですので、iPad proとAplle pencil使いの方は、

今のうちの入手をおすすめします。

広告