退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

徹底解説!ジョジョのスタンド大辞典【四部前半編】

はじめに


ジョジョの奇妙な冒険に登場するスタンド能力を、

パラメーターや名前の元ネタ、

スタンドバトルでの強さの考察も含めてまとめました。

対象は、クレイジー・ダイヤモンドから

ハーヴェストまでの、四部前半のスタンドです。
(※四部以外が初出のスタンドは除く)


【掲載スタンド一覧】


当記事でご覧いただける情報は、

  • スタンド名 + 本体の名前
  • スタンドの画像
  • スタンドの分類 ※1
  • スタンドの概要
  • スタンド名の元ネタ
  • スタンド能力の解説
  • スタンドのパラメーター(出典 コミックス、JOJO A GOGOなど)
  • 戦闘での強さの考察

となります。


※1 スタンドの分類について

独自にスタンド分類用のタグを設定しています。

タグはひとつのスタンドに複数設定される場合もあります。


【タグ一覧】

  • 近距離型 (パワーが強いが、遠くまで行けないスタンド)
  • 遠隔操作型 (遠くまで行けるが、パワーは弱いスタンド)
  • 群体型 (複数の個体が集まっているスタンド)
  • 自動操縦型 (自動で行動するタイプのスタンド)
  • 物質同化型 (物質と同化し、一般人にも見えるスタンド)
  • 自立型 (本体の意思と関係なく行動するスタンド)
  • 特殊型 (上記分類に当てはまらない特殊なスタンド)

クレイジー・ダイヤモンド

f:id:ama46572222:20160916082113j:plain

近距離型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
A A D
持続力 精密動作性 成長性
B B C

本体: 東方仗助


1983年生まれ、ぶどうヶ丘に通う高校一年生。

普段は穏やかで心優しい性格ですが、

自慢の髪型を貶されるとプッツンし、

周囲が見えなくなるほど激怒します。

スタンド名の由来


スタンド名の元ネタは、pink floydの『shine on you crazy diamond』

1975年発表のアルバム、『Wish You Were Here』に収録されています。

能力 拳で触れたものを"治す"


物や人に拳で触れることで、破損や怪我を一瞬で治す能力です。

腹部を貫通するような大けがであっても治療が可能。

ただし、自分自身と死亡した生物は治すことができません。

『治す』というシンプルな能力ですが、その応用の幅は広く、


アスファルトを殴ってコールタールの状態に戻す

・紙に書かれた文字をインクの状態に戻し、筆跡を偽装

・切り離された吉良の手を治し、追跡の道案内にする

・道路の破片を治し、戻る力を利用して高速移動

・ガラスに吉良の血液を埋め込み、仗助版の自動追尾弾に

・写真の破片を治して引き寄せ、父親の財布を盗む


などなど、作中では実に多彩なバリエーションの活用法が見られました。

スタンドバトルでの強さ


移動や遠距離攻撃にも使える応用性の高い能力に加え、

純粋なパワーもスタープラチナのガードを弾き飛ばすほど強く、

全スタンドを見比べても、トップクラスに強いスタンド能力です。

弱点は、自分を治せない事と、遠距離への攻撃手段が少ない事です。

ひとこと


主人公のスタンド能力でも、一二を争うほど欲しくなるスタンド。

自分はよくコップを落として割るので、なおさらです。

アクア・ネックレス

f:id:ama46572222:20160916082211j:plain

遠隔操作型 物質同化型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
C C A
持続力 精密動作性 成長性
A C E

本体: 片桐安十郎(アンジェロ)


12歳の時から強姦や殺人を繰り返してきた凶悪犯罪者。

人前で目立ったり、犬の糞を拾わないなど、

『イイ気に』なっている人間が許せない性格。

絞首刑が執行される前日に弓と矢で射抜かれ、

発現したスタンド能力で命を長らえました。

スタンド名の由来


スタンド名の元ネタは、Santanaの『Aqua marine』

1979年発表のアルバム『Marathon』に収録されています。

能力 "水"の性質を持つスタンド


水と同化したスタンドで、水と同じ性質を持っています。

殴ったり切ったりの攻撃は通用せず、

道路の側溝など狭い場所にも潜り込めます。

主な攻撃方法は、体内に忍び込んでの内部破壊。

法王の緑の様に、侵入した人間を操作することも可能です。

また、仗助の叔父である東方巡査を殺害した際には

ブランデーとそのラベルに化けるなど、

ある程度の変身能力も持ち合わせているようです。

スタンドバトルでの強さ


物理攻撃が効かないとはいえ、

普段はパワーも弱く、真正面からのぶつかり合いには向きません。

ですが、雨の日など水が豊富な環境では、

仗助と承太郎のコンビが追い詰められるほどの強力さに変貌します。

周囲の環境次第で強さが大きく変化するスタンドです。

弱点は、水を蒸発させてしまうマジシャンズ・レッドや、

反対に水を凍らせてしまうホワイト・アルバムといったスタンド。

そして天候を操るウェザーリポートにも完敗してしまうでしょう。

ひとこと


アンジェロは最低のヤツでしたが、スタンド自体は非常に便利ですね。
雨の日に忘れた傘など持ってきてもらいたいです。

ザ・ハンド

f:id:ama46572222:20160916082225j:plain

近距離型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
B B D
持続力 精密動作性 成長性
C C C

本体: 虹村億泰


東方仗助の近所に越してきた虹村家の次男。

当初は仗助と敵対するが後に親友となりました。

頭が悪く、直情的な性格。

兄形兆に頼って生きてきたため、

ここぞというときの決断が苦手な性格でしたが、

数々の戦いの中で成長し、克服しました。

スタンド名の由来


スタンド名の元ネタは、アメリカのロックバンド『The Band』

アメリカのルーツ・ミュージックの要素を取り込んだ、

土着的で味わい深い音楽が特徴のバンドです。

能力 空間を"削り取る"スタンド


右手の手のひらが触れたものを、空間ごと削り取る能力。

削られたものがどこにいくのかは、本体である億泰にも不明。

削られた空間はその直後に閉じ、

その分だけ周りの空間が『引き寄せ』られます。

この性質を利用して、攻撃だけではなく、

移動手段や物を移動させる目的にも応用できます。

スタンドバトルでの強さ


能力の性質は第三部に登場したヴァニラ・アイスのクリームに似ていますが、

クリームと比較した場合、主に以下のような相違があります。

・ 触れた物質を破壊するクリームに対し、ザ・ハンドは空間そのものを削っている

・ 攻撃範囲は、クリームが直径2メートルほどの球形、ザハンドは右手で触れる範囲まで

・ クリームは攻撃中に周囲を視認することが不可能

以上の点をまとめると、全体的な破壊能力はクリームが上ですが、

応用性や、小回りの利く点はザ・ハンドに軍配が上がります。

一撃必殺の空間削りをいかに当てるかが重要なスタンドなので、

引き寄せや瞬間移動の性質を活用し、奇襲に特化すれば

究極生命体カーズやDIOにすら勝てる可能性を秘めています。

弱点としては、右手をかく動きがスローなこと。

チリペッパーのように、素早い相手には苦戦しますね。

ひとこと


もしこの能力があれば、削って処理できるのでゴミ出しの手間が減りそうです。
手の届かないリモコンを取るのには… 危なすぎるか。


バッド・カンパニー

f:id:ama46572222:20160916082242j:plain

遠隔操作型 群体型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
B B C
持続力 精密動作性 成長性
B C C

本体: 虹村形兆


東方仗助の近所に越してきた虹村家の長男。

肉塊となった父親を治せる能力者を見つけるため、

杜王町で素質のある人間を探していました。

几帳面な性格で、スタンド戦も計画的に行うタイプ。

容量の悪い弟の億泰に対して一見冷淡に振舞うが、

最後は億泰の身をかばうため命を落としました。

スタンド名の由来


スタンド名の元ネタは、イギリスのロックバンド『Bad Company』

1973年結成。イギリス本国よりアメリカで人気を博しました。

能力 ミニチュアサイズの軍隊を操るスタンド


グリーン・アーミーのような姿をした群体型のスタンド。

一体一体の大きさは10~20センチほどで、

本体である虹村形兆の指揮で、

さながら軍隊の様に統率のとれた行動が可能。

更に、全員がミニチュアのM16カービン・ライフルで武装しており、

他にも降下用のパラシュートや小型の対人地雷も装備しています。

作中では、歩兵60体、戦車7台、戦闘ヘリ「アパッチ」4機に加え、

グリーンベレー一体が登場しました。

スタンドバトルでの強さ


群体型の強みとして、一、二体倒されても本体へのフィードバックがなく、

個別行動が可能なため、様々なバリエーションの攻撃が可能です。

作中では、パワーでは敵わないクレイジー・ダイヤモンドに対して、

集中砲火で足元から注意力を奪い、

密かに仕掛けた地雷で機動力を奪ってから倒す戦術を披露しました。

小型スタンドの利点を生かした奇襲や、罠を仕掛ける性質から、

見通しの悪い屋内などの場所では、無理の強さを誇るスタンドです。

反面、開けた場所では個々のパワーの低さがネックとなって、

本来の強さが発揮できなくなる可能性が高いです。

ひとこと


このスタンドを見ていると、
形兆はミリタリー好きだったんだろうなぁと考えてしまいます。


レッド・ホット・チリ・ペッパー

f:id:ama46572222:20160916082301j:plain

近距離型、物質同化型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
A A A
持続力 精密動作性 成長性
A C A

本体: 音石 明/h4>


世界一のロックギタリストを目指す19歳の青年。

携えているハンドメイドのギターは

ボディやネックの素材にまでこだわった逸品。

得意技は右手のみで弾くライトハンド奏法。

スタンド名の由来

元ネタは、アメリカのロックバンド『Red Hot Chili Peppers』。

能力 電気と同化したスタンド


電気と同化したスタンドで、電気と同じ性質を持っています。

電線を伝って、杜王町市内までなら自由に行きしたり、

触れたものを電気化して電線内に引き込むことが可能です。

音石は、この能力を悪用して、

他人の家から大量の金品を盗み出していました。

また、ゴムのような絶縁体はすり抜けられず、

電気伝導率の高い海水に入ると体が散ってしまうなど、

電気と同化しているが故の弱点もあります。

スタンドバトルでの強さ


数kmに及ぶ遠隔操作が可能でありながら、

パワーも近距離型並みというハイスペックなスタンド。

充電量によって強さが変化し、町中の電力を使用すれば、

クレイジー・ダイヤモンドでも太刀打ちできない強さを誇ります。

ですが、電気のこない場所で充電がなくなったり、

電気が分散しやすい海水に落下すると命の危機もある、

大変リスキーなスタンドでもあります。

戦闘時は、電気供給が容易な場所かどうかで

その強さが大きく変化するスタンドだと言えます。

ひとこと


行動範囲が広く、ステータスも高い破格のスタンド。
現代社会で普通に生活していたら、電源に困ることもありませんね。


ザ・ロック

f:id:ama46572222:20160916082315j:plain

特殊型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
E E A
持続力 精密動作性 成長性
A E E

本体: 小林玉美


いかにもチンピラ風の見た目の20歳の男。

仗助達と同じブドウヶ丘高校の出身です。

ゆすりやたかりが得意な小物じみた人物。

最初は仗助達に並ぶ長身だったが、

回を重ねるごとに小型化し、

最終的には康一並みの慎重にまで縮みました。

スタンド名の由来


スタンド名の元ネタは、The Whoの『The Rock』

1973年発表のアルバム、『Quadrophenia』に収録されています。

能力 罪悪感をきっかけに、心に錠前をかけるスタンド


本体の小林玉美に対して罪悪感を感じた標的に、錠前を取り付ける能力です。

取り付けられた標的は、罪悪感の強さに比例して体が重くなり、

更に標的から玉美への攻撃は全て標的自身に跳ね返ります。

また、罪悪感が限界に達すると、標的が自殺してしまう事もあります。

スタンドバトルでの強さ


罪悪感を感じさせるまでのハードルが高く、

スタンド自体のパワーも皆無なため、全く戦闘向きではありません。

さらに、DIOやチョコラータのような根っからの悪人相手だと、

そもそも罪悪感が存在しないので完全に無力となります。

玉美が行ったように、騙し打ちで善人を陥れるか、

一般人相手にゆすりをかける方がよっぽど向いている能力です。

ひとこと


警察官や借金取りには役立ちそうなスタンドですね。
そう考えると、金融関係に就いた玉美の選択は正しかったと言えます。


エコーズACT1

f:id:ama46572222:20160916082325j:plain

遠隔操作型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
E E B
持続力 精密動作性 成長性
B C A

本体: 広瀬康一


ぶどうヶ丘高校に通う16歳の少年。

身長は低く、当初は性格も臆病だったが、

スタンドが目覚めて以降は大きく成長した。

基本的に心優しく友達想いな性格だが、

追い詰められると口が悪くなることも。

スタンド名の由来


スタンド名の元ネタは、Pink Floydの『echoes』

1971年発表のアルバム、『Meddle』に収録されています。

能力 音を染み込ませるスタンド


スタンドが触れた個所に、触れると音が鳴る文字を設置する能力です。

設置する音の種類は康一の意思で自由に決定でき、

作中では、『バキッ』『ビシッ』といった効果音から、

康一自身の声や、踏切の警報器の音まで自在に作り出しています。

また、山岸由花子の回では、公衆電話のプッシュ回線の音を再現して、

電話機に触らずして仗助の番号に発信する芸当も見せました。

スタンドバトルでの強さ


物理的なパワーは殆どありませんが、
多彩な音を生み出す能力による攪乱や、
50メートルの射程距離を活かした偵察などが強みです。
以上の事から、一対一の戦闘よりも、
仲間のサポートに向いたスタンドだと言えます。
また、後述するACT2、ACT3との使い分けが可能な点も特筆に値します。

ひとこと


相手の心にダイレクトにメッセージを送れる点に注目。
普段言いにくいことを伝えるのにも役立つかも。


サーフィス(上っ面)

f:id:ama46572222:20160916082338j:plain

近距離型、物質同化型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
B B C
持続力 精密動作性 成長性
B C C

本体: 間田敏和


仗助達より二学年上にあたるぶどうヶ丘高校の生徒。

マンガ好きでテニス部に所属しています。

性格は嫉妬深く根暗で陰険。

吉良の事件には無関係を貫き距離を置いていました。

スタンド名の由来

スタンド名の元ネタは、アメリカのソウルトリオ、『Surface

1990年、『The First Time』が大ヒットしました。

能力 他人の姿をコピーして操るスタンド


木材でできた、スタイルクロッキー人形のようなスタンドで、

触れた相手の声や指紋まで完璧にコピーする能力をもっています。

更に、姿をコピーした相手の正面に立つことで、

相手の肉体の動きを自由に操ることも可能です。

スタンドがダメージを受けても本体へのフィードバックはなく、

ダメージを受けた部分は元の材木に戻ります。

スタンドバトルでの強さ


玉美と同じく、罠にはめるタイプのスタンド。

敵の味方に姿を化けて不意打ちを狙う戦法が可能で、

さらに肉体操作が成功すれば、

一対一の戦闘なら殆ど勝利が確定したようなものです。

また、スタンドのパワーも人並み以上で、

スピードも、間田が「けっこう自信ある」と評する通り、

クレイジーダイヤモンドが撃ち込んだペンを止める程素早いです。

弱点は、相手の姿をコピーする際に、

人形に触れさせる必要があること。

警戒している相手に対してこの条件をクリアするのは至難です。

また、遠距離攻撃が可能なスタンドに対しては、

肉体操作の射程範囲外から攻撃されるため不利となります。

ひとこと


声も姿もコピーできるので、悪用し放題のスタンドですね。
ただ、スタンドが素直にいう事を聞いてくれないのが玉に瑕。


ラブ・デラックス

f:id:ama46572222:20160916082349j:plain

近距離型、物質融合

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
B B C
持続力 精密動作性 成長性
A E B

本体: 山岸由花子


ぶどうヶ丘高校に通う16歳の少女。

思い込みの激しい性格で、

目的を邪魔するものは殺害も躊躇しません。

初めは康一に一方的に恋をし、

監禁や殺害未遂を引き起こすなどしましたが、

最終的にはめでたく両想いとなりました。

スタンド名の由来

スタンド名の元ネタは、Sadeのアルバム『Love Deluxe』

1992年に発表され、全米のR&Bチャートで10位を獲得しました。

能力 自身の髪の毛を操るスタンド


本体である山岸由花子自身の髪の毛を操るスタンド能力

伸縮自在でパワーも強く、本気になれば家一軒持ち上げる程です。

髪の毛は本体から切り離されても操作が可能で、

作中では、女子生徒の髪に潜り込んで火を移したり、

康一の頭皮に埋め込んで行動を制限するなどしていました。

スタンドバトルでの強さ


単純なパワーはかなり高く、長さも自由自在な為、

近距離から中距離まで柔軟に対応できるスタンドです。

切り離した髪を別行動させて、本体と連携攻撃も可能でしょう。

また、髪の毛一本一本をバラバラに広げることで、

パンチなどの物理攻撃のダメージを回避できる点も高評価。

由花子の好戦的な性格もありますが、かなり強力なスタンドです。

弱点としては、基本的に髪の毛は本体と直結しているので、

エコーズACT2の音の罠や、キラークイーンの爆発のように、

ダメージが本体まで伝達する攻撃に弱いことです。

ひとこと


この能力は、遠くまで届く第三の手としても使えますね。
伸縮自在なので、散髪に行く必要もなくなりそうです。


エコーズACT2

f:id:ama46572222:20160916083753j:plain

遠隔操作型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
C D B
持続力 精密動作性 成長性
B C A

本体: 広瀬康一


由花子との戦いで髪をセルフカットしてからは

しばらくその髪型で登場します。

由花子との戦いで更に成長したばかりか、

その由花子を彼女とする度量の持ち主。

ただし、この頃から微妙に身長が縮みます。

スタンド名の由来

エコーズACT1と同様です。

能力 音の感覚を伝えるスタンド


ACT1から更に成長して、音に触れた相手に、

音の持つイメージを体感させられるようになりました。

例えば、『ドヒュウウ』の音なら強風を受けた感覚を与え、

『ドジュウ』の音なら高温の感覚で火傷させることが出来ます。

ただし、あくまでも感覚を伝えるだけなので、

触れた人間以外に物理的な影響は及ぼしません。

スタンドバトルでの強さ


ACT1と比較すると、射程距離こそ落ちたものの、

音に実感が伴うようになったため、

より直接的な戦闘に向くスタンドです。

生み出せる音 = 与えられる効果の種類が豊富なので、

様々な状況に柔軟に対応できる点が魅力的。

本体も能力の効果を受けられるため、

『ボヨヨン』の音で、高所への移動なども考えられます。

オールラウンドな能力なので、決定的な弱点はありませんが

近距離型スタンドとの真っ向勝負は流石に厳しそうです。

ひとこと


応用力だけで見れば、ACT3より高評価なスタンド。
康一くんの成長性に脱帽です。


パール・ジャム

f:id:ama46572222:20160916082416j:plain

遠隔操作、群体型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
E C B
持続力 精密動作性 成長性
A B C

本体: トニオ・トラサルディ


杜王町に店を構えるイタリア人シェフ。

料理の腕は超一流で、

常に客の健康を第一に考える善人だが、

衛生観念に非常に厳しく、

無許可で厨房に入った仗助に包丁を投げるなど、

極端な一面もあります。

スタンド名の由来

元ネタはアメリカのロックバンド、Pearl Jam

能力 食べた人を健康にするスタンド


普段はトニオの作った料理の中に潜んでいて、

スタンドを食べた相手の不健康な部分を治療する能力です。

作中で出された料理と、効果のまとめは以下の通り。

キリマンジャロの雪解け水
→ 眼球の汚れを洗い落とし、睡眠不足の解消

モッツァレラチーズとトマトのサラダ
→ ソフトボールくらいの垢が出て、肩こりの解消

娼婦風スパゲティー
→ 虫歯が飛び出して、新しい歯に生え変わる

子羊背肉のリンゴソースかけ
→ 内臓が飛び出し、下痢気味だった胃腸の調子が回復

プリン
→ 水虫が解消

鮑のリゾット
→眼球がしぼんで流れ落ち、眼の疲れを解消
(※岸辺露伴は動かない 密漁海岸より)

スタンドバトルでの強さ


作中での戦闘描写は一切なく、

トニオさんの平和的な性格からして、

戦闘利用は全く考えられないスタンドです。

ちなみに、同じ群体型で破壊力Eのハーヴェストは、

数の利を活かして戦闘面でも非常に強力でしたが、

パールジャムにも同じような戦術がとれるのかは不明。

ひとこと


生きている人間なら、誰でも欲しいと思える能力です。
このスタンドが実在すれば、内科医は廃業ですね。


アクトン・ベイビー

f:id:ama46572222:20160916083735j:plain

特殊型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
E E なし
持続力 精密動作性 成長性
A E A

本体: 静・ジョ-スター


仗助とジョセフの前に突如現れた赤ん坊。

両親は不明で、ジョセフの養女となりました。

赤ん坊ゆえか外部のストレスに弱く、

ちょっとしたきっかけで能力が暴走します。

スタンド名の由来

元ネタは、アイルランドのロックバンド、U2のアルバム
『Achtung Baby』。

能力 自分と周囲を透明化するスタンド


ヴィジョンの無いタイプのスタンドで、

普段は自分自身を透明化するだけですが、

ストレスで能力が暴走した際には、

本体を中心とした球状の範囲にあるものを、

乳母車から地面まで、無差別に透明化させました。

スタンドバトルでの強さ


本体が赤ん坊ですので、戦闘自体が不可能ですが、

透明化自体は非常に便利な能力です。

見られないことで容易に不意をつくことができ、

更に近くのものを透明化できるので、

武器や、パワーのある味方スタンド使いを透明化させ、

より強力な攻撃を仕掛けられる可能性もあります。

弱点としては、シアーハートアタックやハイウェイ・スター、

エアロスミスや、マンハッタントランスファーなどの、

視覚以外で追跡できるタイプのスタンド相手では、

透明化しても発見される危険性が高いことです。

また、アクトンベイビー自体にはパワーが無いので、

単独では、柱の男や吸血鬼のようなタフな相手に対して

不意をついても仕留め切れない可能性があります。

ひとこと


透明人間といえば、誰もが一度は憧れる能力。
普段入れない場所にも入り放題です。(やらしい意味じゃないよ)



ラット

f:id:ama46572222:20160916083717j:plain

近距離型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
B C D
持続力 精密動作性 成長性
B E C

本体: ネズミ(虫喰い&虫喰いでない)


音石が矢で射抜いたスタンド使いのネズミ。

仲間のネズミも皆殺しにする好戦的な性格。

能力で溶かした人間を冷蔵庫に貯蔵したり、

跳弾を利用した攻撃をしたりと知能も高いです。

スタンド名の由来

元ネタは、アメリカのヘヴィメタルバンド『Rat』

能力 肉を溶かす毒針を打ち込むスタンド


機械の砲台のような見た目のスタンドで、

砲身から、触れたものをドロドロに溶かす毒針を発射します。

毒の威力は非常に高く、人一人を数発で溶かすほど。

触れただけで肉体を溶かしてしまうので、

防御するにはフライパンなどで針を弾くのが有効。

スタンドバトルでの強さ


防御不可で、連射もできる毒針は驚異的。

作中では、跳弾を利用した変則的な弾道も披露されました。

本体が素早いネズミであることも考慮すると、

物陰に隠れながらのヒットアウェイ戦法も凶悪です。

弱点としては、攻撃方法のパターンに乏しいため、

一度針を見切られると非常に苦しい戦いになります。

毒自体も、直接触れずに防御する手段は色々あるので、

いかに最初の一撃で敵を仕留めるかが重要なスタンドです。

ひとこと


もし、スタンドがネズミの子供にも遺伝するなら…
虫喰い達が繁殖しなくて本当に良かったです。



ヘブンズ・ドア

f:id:ama46572222:20160916082437j:plain

近距離型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
D B B
持続力 精密動作性 成長性
B C A

本体: 岸辺露伴


少年ジャンプで連載する人気漫画家。20歳。

作品のリアリティの為なら手段は問わず、

他人の迷惑など省みない自己中心的な性格。

半面、根っからの悪人ではなく、

漫画に関しては純粋な情熱を持っています。

スタンド名の由来

元ネタは、ボブディランの楽曲『Knockin On Heavens Door』
同名の映画作品も存在します。

能力 他者の記憶を読み、操作するスタンド


初期(初登場時 ヴィジョンなし)

露伴の描いた原稿を一番最初に読んだ、

最も相性の良い人間の肉体を本の様に変化させ、

その記憶を本を読むように閲覧できる能力です。

また、記憶のページに命令を書き込むこともでき、

対象の行動を、本人の意思と無関係に操作できます。


中期(幽霊の小道編以降 線画)

ピンクダークの少年の線画のようなヴィジョンができ、

露伴と波長の合う相手なら、

原稿を見せなくても本に変えられるようになりました。


後期(じゃんけん小僧編以降 人型)

完全に人型のスタンド像ができ、

ラッシュも繰り出せるようになりました。

大柳賢や乙雅造、チープトリック戦のチンピラや、

そして何より犬猿の仲の仗助にまで命令していた事から、

波長が合わなくても能力を行使できるようになったと推測できます。
(※作中で明確な言及はありません。)

スタンドバトルでの強さ(後期基準)


物理的な破壊力こそD(人並み以下)ですが、

このスタンドほど敵に回したくない能力はありません。

特に集団戦では、情報収取から攪乱、敵戦力の無力化まで、

一度能力をかけてしまえば、やりたい放題できる能力です。

あえて弱点を挙げるなら、

能力発動の為に対象に触れる必要がある点です。

パワーがないため、能力を警戒されて距離をとられると、

一方的に攻撃される可能性が高いです。

ひとこと


最強スタンド、欲しいスタンド両方で名前の挙がるスタンド。
ピンクダークの少年のビジュアルも格好良いですね。


ハーヴェスト

f:id:ama46572222:20160605212941j:plain

遠隔操作型 群体型

パラメーター

破壊力 スピード 射程距離
E B A
持続力 精密動作性 成長性
A E C

本体: 矢安宮重清(重ちー)


ぶどうヶ丘中学に通う14歳の少年。

体重110kgの巨漢で、トゲのような髪型をしています。

純粋で、良くも悪くも子供っぽい性格。

金銭欲に弱く、ハーヴェストで稼いだ金の山分けで

仗助と億泰のコンビと一時敵対しました。

その後は二人と和解し友人となりましたが、

偶然正体を知ってしまった吉良吉影

人知れず始末されてしまいます。

スタンド名の由来

元ネタは、ニール ヤングのアルバム『Harvest』
本体の苗字『矢安宮』は、ヤング自身から。

能力 なんでも集めるスタンド


500体の小型スタンドで形成される群体型のスタンド。

杜王町市内をカバーできるほどの射程距離をもち、

重ちーの命令で様々なものを拾い集めることが出来ます。

作中では、小銭、クーポン、宝くじなどを集めました。

他にも、重ちーと地面の間に大量に挟まって、

戦車キャタピラの要領で高速移動したり、

血管から酒を注入したりといった芸当も可能です。

群体型の特徴として、一体一体のパワーは低いものの、

一二体倒されても本体へのフィードバックがありません。

スタンドバトルでの強さ


たびたび最強議論の候補に挙げられるスタンド。

同じ群体型のバッド・カンパニーピストルズと比較して、

ハーヴェストが傑出しているのがその個体数の多さ。

多少個体が倒されても本体には影響がありませんし、

命令次第で攻撃にも防御にも対応可能な柔軟さがあります。

また、個々の破壊力こそ低いものの、頸動脈や眼球など、

急所に狙いを絞れば十分な殺傷能力を持っています。

弱点は、マジシャンズレッドホワイトアルバムのような、

一度に広範囲を攻撃できるタイプのスタンドです。

また、手の届かない空中から攻撃するペットショップのホルス神や、

地中から攻撃できるオアシスも苦手な部類です。

ひとこと


四部は日常で役立つスタンドが多いですが、
ハーヴェストは本当に欲しくなりますね。
鉱物収集や、植物採集にも役立ちそう。

さいごに


↓四部後半編はこちらです
丸わかり!ジョジョのスタンド能力大全集【四部後半編】 - 退屈ブレイキング

広告