退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

大人気のMacBookProをあえて中古で買ってみた話。


ねんがんのmac book proをてにいれたぞ

f:id:ama46572222:20170527105240j:plain

こんにちは、DAIMAです。本日は、
私が先日ネットショップにて購入した
mac book pro(2015年製)のレビューと
中古購入時のメリット、デメリットを解説致します。

※記事中のapple製品サポート等に関する情報は、
2017年5月時点のものとなります。

mac book proの中古購入を
検討していて、実例を知りたい方や
中購入時の注意点を知りたい方の
ご参考になれば幸いです。

スペック

まず、今回私が購入したモデルの
スペックをご紹介します。

商品名 APPLE MacBook Pro with Retina Display
価格 100,100円
モデル 2015
ディスプレイ 13.3インチ retinaディスプレイ
プロセッサ 2.7 GHz Intel Core i5
メモリ 8 GB 1867 MHz DDR3
ディスプレイ 13.3インチ retinaディスプレイ
グラフィックス Intel Iris Graphics 6100 1536 MB
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
充放電回数 8回
コンディション 中古品 - 非常に良い

購入前に考えたこと

一口にmac book proと言っても、
製造年度やディスプレイサイズによって
値段は大きく違ってきますし、
CPUやメモリの性能も
グレードによって異なります。

そこで私ははじめに、
自分がmac book proを買う理由をリストアップし、
そのために必要なスペックを洗い出してから
購入する商品を探すことにしました。

具体的な購入動機を挙げると...


・webアプリーケーションの開発をしてみたい

mac book proとミラーリングして絵を描いてみたい

・unityで2Dのゲーム開発をしてみたい

・今まで使っていたairより大きいウィンドウサイズのmacが欲しい

というのが私の主な要望であり、
この程度ならばCPUやメモリは
それほど高いスペックは必要なく、
一番低いグレードでも十分だという
結論に至りました。

続いて、15インチと13.3インチの
二種類があるウィンドウサイズですが
持ち運びの簡便さと価格を考慮して
今回は13.3インチを選択。

ただ、今になって思えば
複数のウィンドウを並べて作業したいときや
絵を描くときなど、
もう少しスペースが欲しいと思うことも多く、
15インチにしておけば...
という思いがあったりもします。

いざ購入!

自分に必要なスペックが決まったので、
次に、ネットショップで
購入する商品を検索しました。

私が実際に注文した商品がこちら。
エコマケという業者から
こちらのスペックで状態が良く、
100,100円での出品があったため、
そちらの購入を決断しました。

この時決め手となったのは、
出品業者の20万件を超える高評価
商品説明の内容です。

中古品は、業者によって
同じ製品でも品質に差が出るため、
相手が信頼できる業者かどうかは
買い物の成否を分ける重要なポイントです。

商品説明については、
当然ですが全てに目を通し、
自分が認められない欠損や
付属品の欠けがないかについて
じっくりと確認します。

また、今回購入した業者より
同じ製品でより安価な商品もありましたが
それらはディスプレイに線(ヌケ)が入っていたり、
OSが未搭載などの記載があったため

候補からは除外することとなりました。

また、記載があればそれまでの
使用環境や充電回数も要チェックです。

特に、充電回数が多い場合は
バッテリの消耗が疑われるので
注意が必要です。

Amazon.co.jp ヘルプ: 返品・交換の条件

加えて、万が一不良品をつかんだ場合や
品質に不満があった場合のことを考えて、
利用する店舗のガイドライン
目を通しておくことも大切です。

商品が到着!

f:id:ama46572222:20170527105033j:plain

商品が到着したので早速検品。
箱にも汚れはなく、綺麗な状態です。
今回は注文から2日での到着です。

ディスプレイには保護用紙が貼られ、
外観は汚れひとつなく新品同様です。
梱包の丁寧さに、非常に好感が持てました。

f:id:ama46572222:20170527105641j:plain

キーにも指紋や埃など一切なし。
以前の持ち主の使用感が強かったら
少し嫌かなと軽く心配でしたが
まったくの杞憂でした。

f:id:ama46572222:20170527110017j:plain

バッテリーや説明書はもちろん、
apple製品に毎回ついてくる
アップルロゴのシールまで完備。
内容的にはほぼ新品同様でした。

外観の確認が済んだら、
電源を入れてディスプレイの表示や
動作に問題がないかも確認します。

今回のケースでは、
動作やディスプレイの表示に問題はなく、
特に問題なく商品の購入を
完了することができました。

その他使用感

mac book proを触って
まず感心した点がディスプレイの美しさ。
キーの感触や処理速度の早さも
airより格段に向上しています。

また、中古品なら気になる
バッテリーの持ちですが、
今回は商品説明にもあったように
充電回数が10回未満だったので
充電性能も新品同様です。

実際の体感でいうと、
およそ1時間の使用で10%ほど
充電を消費します。
外へ持ち運びする場合などは
1日ごとに充電が必要な感じです。

商品説明には
バッテリー寿命12時間とありましたが
体感でいうと絶対そんなにもちません。
ソフトやブラウザを立ち上げない
素の状態で12時間ということでしょうか。

ただ、ディスプレイの大きさのためか
あるいは複数のソフトを立ち上げている影響か
airよりもバッテリーの消費は早く感じます。

持ち運びについては、
流石にairほどではないものの
特に問題はありません。
ただ、15インチ版だと
僕の場合はちょっと持ち運びに
不便を感じるかもしれません。


中古購入の注意点まとめ

▼メリット

価格が安い

中古購入の動機は
ほぼ全てこの一点に集約されます。

価格を気にしないなら
中古商品を購入するメリットは
殆どないでしょう。

▼デメリット

サポート面に不安が残る

新品であれば、apple公式の
無料サポートが1年間受けられますが、
中古の場合は、販売店のサポート情報を
しっかり確認しておく必要があります。

Mac整備済製品が狙い目?

www.apple.com

同じ中古品でも
店頭商品や初期不良品を
appleが修理して販売する
上記のMac整備済製品ならば、
新品より安価でなおかつ
購入後一年間の無料公式サポートが付きます。

サポート面に万全を期すならば
こちらで中古品を購入する手もありです。

業者によって品質がまちまち

仕方のないことではありますが、
中古品は扱う業者によって
当たり外れも大きいです。

基本的に中古pcの購入の際は
安くなる金額と引き換えに
想定される様々なリスクを
引き受ける覚悟が必要となります。

調べることや手間が多い

中古pc購入の際は
事前に確認すべき情報が多いです。

スペックは要望にあっているか、
状態は問題ないか、業者は信頼できるか、
万一はずれをひいたらどうするか、
保証期間はどうか...などなど。

pcの知識に自信がない場合や
初めて自分のpcを購入するような場合は
中古品の購入は避けるべきでしょう。

結論

中古購入は諸刃の刃

中古品は確かに新品より安価ですが、
サポート面の不安や情報確認の手間など
新品にはないデメリットも多いです。

私も、今の所問題なく使用していますが、
いつ何時、故障や事故や故障が起きるか
心配が無いわけではありません。

macのpcを初めて購入する方や、
職務上でmac book proを活用する予定の方は
多少費用はかさんでも
公式店舗での購入(とサポートの加入)を
強くオススメします。

逆に、私のように趣味でのみ利用する方や
どうしてもお金を節約する必要があるという方は
リスクを理解した上で、入念な調査と検討を重ねて
中古製品の購入に踏み切ることが賢明です。

mac book proはやはり良い

お絵かきやプログラミング目的で
購入を決心したmac book proですが、
今ではコーディング、ドローイング、
unity開発、webアプリ開発etc...
と多岐にわたって大活躍しており、
本当に良い買い物だったと思います。

クリエイティブなことに興味があって、
ビジネスもプライベートも
そつなくこなせるノートPCをお探しの方には
絶対おすすめのアイテムですよ。

広告