退屈ブレイキング

マンガ、ゲームとiPad Pro関連を中心に、世の中にある素敵なものをじっくりねっとり伝えるブログ。

Powered by 複眼RSS

2017年新鋭の美しすぎる音ゲーアプリSTELLIGHTSレビュー


f:id:ama46572222:20170112221036j:plain

はじめに

こんにちは、DAIMAです。
音ゲーアプリと言えば
Rayark製のDeemoとCytusが定番でしたが、
2017年1月7日にリリースされた
株式会社COLLESTA制作の音ゲーアプリ
STELLIGHTS(ステライツ)が新たに話題を集めています。

STELLIGHTS

STELLIGHTS

  • COLLESTA, Inc.
  • ゲーム
  • ¥240

美麗アートと音ゲーの競演!

f:id:ama46572222:20170112232123j:plain

このSTELLIGHTS、
豪華作曲陣による収録楽曲のクオリティや、
音ゲーとしての面白さは勿論のこと、
美麗なグラフィックも見どころとなっています。


『もう一度逢いたい・・・。』

とある洋館に眠る巨大な時計”Stellight”。

Stellightは”記憶の宇宙”へとつながり過去を映し出す。

そこには、音を奏でる”小さな時計”が散らばっていた。

人々は音色に惹きつけられ、宇宙へ導かれる。

これは時計がつなぐ記憶の物語――。

Stellightが過去を映す本当の意味とは…

(公式サイトより引用)

音ゲーに美しいグラフィックと
幻想的なバックストーリーを組み合わせる手法は
DeemoやCytusと同じですが、
こちらはよりエフェクトの美しさや
宇宙的な神秘性に力を入れた
ゲームデザインがなされています。

遊び方とプレイレビュー

基本的な操作方法

STELLIGHTSでは、
画面奥から流れてくる音符(ノーツ)が
画面の両サイドにあるガイドに
重なったタイミングでタップします。

ノーツには次のような種類があります。

f:id:ama46572222:20170112222650j:plain

SingleNote

ごくシンプルな単独の音符です。

f:id:ama46572222:20170112222711j:plain

DoubleNote

左右同時にタップする音符です。

f:id:ama46572222:20170112222720j:plain

FlickNote

矢印の方向にフリックする音符です。

f:id:ama46572222:20170112222724j:plain


HoldNote

音符の長さだけ押し続ける音符です。
始点と終点で位置が違う場合は、
少しづつ位置をずらすようにホールドします。

f:id:ama46572222:20170112222728j:plain

ScratchNote

タップしたままスライドする音符です。
HoldNoteより素早い反応が必要とされます。

プレイ感について

音符が上から流れてくるDeemoや
平面上に音符が出現するCytusと比べ、
画面の奥から音符が迫ってくる仕様のため、
慣れるまではいまいちタイミングが
掴みづらいかもしれません

これは好みの問題もありますが、
私の場合は最初こそ少し戸惑ったものの、
5、6回もプレイすれば違和感も無くなりました。

また、音符の種類が5種類と多めなのも
シンプルなDeemoやcytusと比べると大きな特徴であり、
これを、バリエーション豊かで面白いととるか、
操作が忙しくなって煩わしいととるかによって、
本作の好き嫌いが分かれるかと思います。

難易度について

f:id:ama46572222:20170112234250j:plain

本作では楽曲ごとに10段階の難易度設定がなされています。
プレイ初日の実感としては、
Lv1~4では苦も無くSランクが取れ、
Lv5~7程度でほどよい手ごたえを感じ、
Lv8を超えると急に手が出なくなるといった具合でした。

STELLIGHTSはDeemo、Cytusと違い
異なる対処を要求される音符の種類が多いため、
特に高レベルでは、油断するとすぐ
譜面に意識が追いつかなくなります。

タップの判定はやや甘めなのですが、
全般的な難易度は、
私にとって上記二作より高く感じました。

収録楽曲について

www.youtube.com

収録楽曲はポップからテクノ、
はたまた三味線の効いた和風のものや
ボーカル入りのものまでバリエーション豊か。

上記公式チャンネルの動画から
幾つかプレイ動画と楽曲の視聴が出来ますので、
実際の雰囲気を知りたい方は参考にしてみてください。


おわりに

このアプリをおすすめする方

  • DeemoやCytusにハマった方
  • 音ゲー初心者の方
  • 短くサクサク遊べるゲームをお探しの方

現時点での個人的評価を端的にまとめると、
本作はDeemoやCytusを強く意識した音ゲーであり、
それら二作との差別点は主に次の点が挙げられます。

・音符が画面奥から流れてくること
・音符の種類が上記二作と比べ多いこと
・高難度になるにつれ、一気に難易度がハネ上がる事
・収録楽曲の方向性

Deemo、Cytusと購入を迷われている場合は
上記の点を参考にしてみると良いかと思います。

難易度は楽曲ごとにeasy、normal、hardの
三種類が用意されており、
音ゲー初心者から上級者まで
間口は広い音ゲーアプリだと言えます。

ただし、現時点(2017年1月12日)では
収録楽曲数が20曲とやや少なく、
せっかくのアートワークも種類が少ないため、
もう少し様子を見て、楽曲数が増えてから
購入を検討するのもアリかと思います。

広告