退屈ブレイキング

映画、ゲーム、ホラー、ジョジョなどの話題が中心の趣味ブログ。現在月間18万PVほど。おおむね週一更新です。

ぜんぶ神曲。91年生まれが全力でおすすめするゲーム音楽ランキングベスト50【作業用BGM】

はじめに

f:id:ama46572222:20180616222515j:plain

こんにちは!
三度の飯よりゲームが好きなdaimaです。

本日は私が心打たれた
最高のゲーム音楽を、
ベスト50のランキング形式で
お届けしたいと思います。

本エントリを執筆するにあたっては、
『みんなで決めるゲーム音楽ベスト100』
などの外部サイトも参考にしていますが、
一番の選定基準はその曲がどれだけ
私の心に響いたか、そしてその曲を
どれだけ他の方にも
知って欲しいと思えたか
という点です。
(※多少の思い出補正はあります)

発表する楽曲にはそれぞれ、
使用されたゲーム名、ハード、発売年、
そして作曲者とその曲に対する
私の感想、豆知識を併記しました。

それでは、どうぞ。

続きを読む

なぜDIOは承太郎に負けたのか

はじめに

私は子供の頃に、
ジョジョの第3部を読み終えてから
ずっと疑問に思っていたことがありました。

「なぜ、DIOは承太郎に負けたんだろう」

エジプトにおける
ジョースター一行との戦いは
実質承太郎との一騎打ちであり、
なおかつDIOのスタンド、世界は
パワー(※自己申告)、スピード(※自己申告)
射程距離、能力による停止時間の全てにおいて
承太郎のスタープラチナを上回っていました。

さらに、DIOの肉体は
石仮面によって不老不死となった
吸血鬼の肉体であり、
受けられるダメージの
キャパシティにおいても
承太郎とは大きな隔たりがあったはずです。

そして、マクロの視点に立ってみても、
ジョースター一行の戦力は
スタンド使い5人+1匹に過ぎない
のに対して
DIO側はヴァニラ・アイス
ンドゥール、エンヤ婆など
強力なスタンド使い数十人を従えており

十分に一行を上回る戦力を有していました。

しかしDIOは負けました。

1989年のエジプトの橋の上で、
粉々になって完全敗北、死亡しました。

今回は、その長年の疑問について
漫画だからという野暮な理由は抜きにして、
「数の利を生かせなかった」「油断・慢心」
「てめーは俺を怒らせた」
という
3つの視点から分析し、
最後にはDIOが承太郎に勝つための
ifシナリオ
も考察してみたいと思います。

それでは、どうぞ。

続きを読む

読めばきっと後悔する、マニアが選んだ洒落怖名作14選

はじめに

f:id:ama46572222:20180602142859j:plain

こんにちは、daimaです。

www.taikutsu-breaking.com

本日は前回に引き続き、
怖い話に目がない私が本気で恐怖した
血が凍るほど怖い洒落怖の名作選
14話に厳選してご紹介させて頂きます。

比較的有名どころが多めですが、
中には知る人ぞ知るマイナーな
洒落怖も混ざっていたりします。

それでは、
初夏の陽気を吹き飛ばすような
恐怖の話の数々を、
ぜひお楽しみください…!

続きを読む

この小説が面白い!テクノロジーと幻想が入り混じる衝撃のSF短編集『紙の動物園』感想

まえがき

先週書店をぶらついていると、
優しいタッチのイラストの表紙に、
又吉直樹さん推薦!』
帯がつけられた『紙の動物園』という
一冊のSF短編集が私の目に留まった。

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)

紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)

SFにはあまり明るくない私だったが、
つい気になってパラパラとページをめくると
これがなかなかどうして面白く、
結局はこの本を買って
読むことになったのだった。

本作の著者は、中国系アメリカ人で
弁護士、プログラマー、作家という
三つの顔を持つケン・リュウ

そんな著者が扱うのは、
言語、宇宙、AIといった自然科学、
そして、異なる文化に属する人間同士の
衝突共生という、
まさにその経歴に相応しいテーマだ。

そこに、豊かな想像力と
最新の論文などから得たアイディア、
そして巧みな物語の
ディティールを付加することで、
本書は読み手をぐいぐい引き込む
上質なエンターテイメントに
仕上がっている。

しかしながら、私が読後
最も強く感じたことは、全編に
通底する身を切るような切なさだった。

どの物語も単純な
ハッピーエンドでは終わらない。
必ずどこかに、現実社会の
醜い部分が暗示されている。

それは時に目を覆いたくなるほど
残酷な形で提示され、
読み手は一話を読み終えるたびに
深く自問自答せずにはいられなくなる。

そして、今回私が本書を
こうして紹介したいと思った理由も
その強烈なメッセージ性に
強く心打たれたからだった。

さて、前置きが長くなったが、
ここからさらに本書に収録されている
一作づつに対してその感想を
述べていきたいと思う。

なんとか私なりに、
本書の魅力の一部でも
皆さんにお伝えできれば幸いだ。

※本稿には『紙の動物園』 のネタバレ要素が含まれます。
閲覧の際はその点をご了承ください。

続きを読む

教養を深めたい人にオススメ。活字中毒者が選んだガチで面白い30冊の本

はじめに

f:id:ama46572222:20180520105902j:plain

こんにちは、
小学生の頃から読書の虫で、
今も通勤時間や余暇をやりくりして
年に50冊は活字の本を読むdaimaです。

本日は、そんな私が
今まで読んだ本の中から、
専門知識がなくても読めて、
内容が抜群に面白く、なおかつ
教養が深まるおすすめのものを、
30冊に厳選してご紹介します。

読書の習慣をつけたいけれど
なかなか本を選ぶ時間が
とれないないという方や、
自分では普段選ばないタイプの本も
広く読んでみたいという方の
お役に立てれば幸いです。

それではどうぞ。

続きを読む

『MOTHER2』はなぜ、今尚語り継がれる名作RPGとなったのか

f:id:ama46572222:20180512142654j:plain

コンピューターゲーム
慣れ親しんで育った世代であれば、
何度もプレイした思い出のゲーム
というものが一本はあるはずだ。

平成生まれ、ゆとり世代真っ只中で
今も昔もゲーム大好き人間な私の場合、
MOTHER2という
SFCRPGがまさにそれだった。

1997年、当時小学校低学年だった私は
そのころの友達から借りた
この風変わりなゲームの虜になり
(余談だが、彼もまた学校で
アイディアマンのあだ名を持つ
ちょっと変わった子供だった)

少なくとも両手両足の指では
数えるのに不足する以上の回数、
このゲームを繰り返し遊んだものだ。

決して家庭が経済的に困窮して
これ一本しか遊べるソフトがない
という状況でもなかったのだが、
このゲームに関しては
クリア後もしばらくすると
再びカセットをゲーム機に
刺したくなってしまうのだ。
(ちなみに当時のカセットは
文庫本くらいのサイズがあり、
経年劣化で次第に
端子の接続が悪くなるため
1本のソフトを長く遊び続けるには
日頃よほどデリケートに扱うか、
劣化した端子に息を吹きかける、
ハードに刺したソフトを軽く叩く
などの絶妙なテクニックを必要とした。)

そして、MOTHER2
子供の頃の良い思い出を育んだ子供は
当時の私だけでなく、また
日本国内の子供だけでもなかったようだ。

私と同年代、あるいは
少し上の世代の人々に、
思い出のゲームを訪ねた時、
その中にMOTHER2の名を
発見することは
それほどむずかしいことではない
(最近の話だと、
会社の30前半のイカした先輩のSNSアイコンが
どせいさん』だったのを発見した。)

し、米国においても1995年に
EARTH BOUNDというタイトルで発売され
現在まで続く熱心なファンベースを獲得している。

海外のファンの代表例といえば、
空前のヒットを記録した
アメリカ発の個人開発RPG
「undertale」の作者
ビーフォックス氏だろう。

undertaleキャプチャ
↑「undertale」のプレイ画面。作者トビーフォックスもMOTHERからの影響を公認している

www.famitsu.com

氏は上記インタビューを始め、
様々な媒体で、自身がMOTHER2から
多くのインスピレーションを
受けたことを明らかにしている。

www.mother4game.com

また、非公式で
「MOTHER4」を開発しようという
大胆なプロジェクトが飛び出したのも
海外からであった。
(尤もこのプロジェクトは
最強任天堂法務部からお叱りを受けて
タイトル変更を余儀なくされたようだが…)

一体この一見素朴なゲームの何が
私たちをこれほどまでに惹きつけ、
父親とのキャッチボールや
友達とのキャンプの思い出と同様に
私たちの記憶に居座り続ける
要因となったのだろうか…?

本日はそのことについて
僭越ながら、
ちょっとした考察を行ってみたいと思う。

私と同じく、MOTHER2
思い入れのある方に、
昔を懐かしみつつ軽い気持ちで
読んでいただければ幸いだ。

続きを読む

SCP史上最凶。絶対出会いたくない8体のモンスター達を解説付きでご紹介!


はじめに

こんにちは、daimaです。

本日は今話題のSCPの中から、
私が特に恐怖を感じた
最凶のモンスターたちを
8体厳選してご紹介します。

怖すぎてもう寝れない!話題のSCPを16体に厳選して紹介してみる - 退屈ブレイキング

オブジェクトクラスなど
財団に関する基本用語については
上記の前回記事にまとめがありますので
そちらをご参照ください。

それでは私と一緒に
恐ろしくも素晴らしいSCPの世界へ
足を踏み入れましょう…!

続きを読む