退屈ブレイキング

ジョジョ、SCP、映画、ゲームなどの話題が中心の趣味ブログ。おおむね週一更新です。

世界が終わる。Kクラスシナリオの一覧とその代表的なSCPのまとめ

はじめに

Kクラスシナリオとは
SCP財団が公式に定義している
人類終焉の道筋の仮想的な分類であり、
SCP財団の主目的の一つは
これらを回避することにこそあります。

当記事では
そうしたKクラスシナリオの一覧を
それに関連する代表的な
SCPオブジェクトの解説付きでご紹介します。

それではどうぞ。

続きを読む

圧倒的センス。タイトルがあまりにも格好良すぎる小説・哲学書34選!

ブログ記事にせよ本にせよ
優れたタイトルは
私たちの想像力を掻き立て
その中身を読んでみたいと
思わせる役割を果たします。

本日は私の心に響いた
格好良すぎる名タイトルの本を
32選ピックアップしてみました。

個人的に思い入れのある本には
手短な感想&解説も併記してます。

それでは、どうぞ。

続きを読む

難しすぎて阿鼻叫喚!?フロムソフトウェアの問題作『SEKIRO』の魅力と欠点を総力解説!

f:id:ama46572222:20190609134051j:plain

200万本売れたが痛烈な批判も

PS5の発表が今や遅しと噂され、
数々の名作を生んだPS4の時代も
佳境の感が漂いつつある2019年前半。

「ダークソウル」「ブラッドボーン」などの
硬派な高難易度ゲームで知られる
国内ゲームメーカーの雄、
フロムソフトウェアから
完全新規IPのアクションゲーム「SEKIRO」
満を辞して世に送り出されました。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

本作は今までのフロムゲーになかった
純和風の世界観とコアゲーマーですら
音を上げる無慈悲な難易度、
そしてプレイヤー自身の上達を実感させる
ゲーム性の奥深さが話題を呼び、
発売10日で200万本(世界合計)突破という
同社でも最高クラスの売り上げを記録しています。

また大手通販サイトAmazonには
発売開始から二ヶ月が経過した記事執筆時点で
1400件超という
膨大な数のレビューが寄せられている点も驚くべき点です。

…しかし
それらのレビューに目を通すと
絶賛と批判の両極端に大きく
意見が分かれている
ことに気がつきます。

参考までに肯定側と否定側の
代表的なレビューを抽出してみましょう。


[高評価]
★★★★★
人を選ぶ難易度、その先にある上質な体験

まだ中盤過ぎた程度の進行度となりますが、参考までに。

まず断っておくべきことは、
非常に高難度で万人向けというわけでは無い事。
同社開発のダークソウルや
ブラッドボーンとは似ているようで違い、
パリィに相当する弾きのほかステップ回避、
ジャンプを用いた戦闘は非常にスピーディかつ複雑で、
雑魚敵ですら強い本作は最初は戸惑いがありました。

しかし、敵の攻撃を弾いて耐え、見切り、
忍殺を決めるという本作の戦い方がわかってくると、
一気に楽しくなります。上手く見切れるようになると、
爽快感さえ感じます
(特に槍タイプの敵は、見切れるか見切れないかで大違い)。

主人公も敵も、渋さとケレン味のある
絶妙なモーションが格好良く、
それも戦闘の楽しさを助けていると思います。
忍殺だけでも仕掛け方や
敵によってモーションは複数確認できます。

ボス戦に関してはネタバレになるので
詳しく描きませんが今のところ
簡単だったボスが一体もいないので、
スキルや義手忍具を上手く使い、
試行錯誤してようやく倒せる位の難易度かなと思いました。

数時間かかった
忍者のボスは特にきつかったですが、
倒せた時は一人で叫びそうになりましたね。

フィールドもさすがフロムといったところで、
上下に広がる立体構造は相変わらず。
隅々まで探索することは良い意味で困難な印象です。
また、チュートリアル以降行けるところが沢山あり、
どこから行くか考える楽しさは初代ダークソウルを彷彿とさせます。

以上は主にポジティブな感想、
以下は現時点で個人的に感じ懸念点です。

・主人公の強化手段が少ない。
HP、体幹を上げるには数珠玉という
アイテムを4つ集める必要がありますが、
基本的にはボスを倒すことで手に入れるため、
序盤で詰まってしまうと厳しいです。

どこかで壁を超えなくてはなりません。
・序盤からどこに行っても強い敵ばかりなので、
戦闘は長期化しやすく、集中力を要します。
分かりやすい救済処置が無いので、
ソウルシリーズ未プレイで今作から始める人は
それなりの覚悟が必要かもしれません。
・同じ中ボス格の敵が複数回登場します。
名前が変わっただけで他は特に変わりませんので、
やや水増し感があります。
(が、敵の種類自体は多く、
そこまで悪印象というわけでは無いです)

927人のお客様がこれが役に立ったと考えています


[低評価]
★☆☆☆☆
誰得な難易度?プレイする人を選びすぎるゲーム

侍や忍者とかの世界観が
面白そうで買ってみたんだけど、
自分には合わなかったみたいで売りました。
ドMさんとかには合うんじゃないでしょうか。
世界観がしっかりしてるだけに、
楽しませるつもりがなく、
プレイする人を厳選してるゲームなのが残念。

特に不満だったのが、
1、ステルスでもなんでもない戦闘。
忍び寄って忍殺が快感だろうから、
高いとこに登って色々見回してみるんだけど、
全然忍殺できるような状態の敵が殆どいない。
普通なら、『ここ、忍殺ポイントだよ!』と
言わんばかりの敵が多数配置されてて、
色々な忍殺で気持ちよくプレイできるよう
配慮されてるべきなのに、それもない。

2、難易度調整できず初めから超難易度。
難易度調整できれば段階を踏んだりして
もっと楽しめるものを、
あそこまでデフォルトで
難しくするのは誰得なんでしょうか。

鬼武者のステルスバージョンかと思ったら
全然違うし、敵を倒す爽快感もないゲームでした。

ダークソウルとかブラッドボーンとか
高評価の人が連呼してるけど、
そのゲームやったことないし、
そのゲームをプレイしたことがある人じゃないと
楽しめないゲームなら、
公式でちゃんと明記してほしい。

『このゲームは、フロム・ソフトウェア
過去作品をプレイしたことがある人以外は
オススメしません』って。

そう明記しないのであれば、
新規購入者には敷居をもっと下げる工夫をするべき。

270人のお客様がこれが役に立ったと考えています

それぞれ短く要約すると
前者は本作が強く人を選ぶ
ゲームであることを断った上で
それを乗り越えた先にある達成感を評価し、
後者はフロムゲー初プレイで
デフォルトの難易度では
進行が厳しかったにも関わらず
難易度変更など初心者救済要素が
全く無かったことに
強い憤りを感じているようです。

これらのレビューはどちらも
あくまで一個人の意見にすぎませんが
他のレビューと見比べてみても
同じ理由からSEKIROを評価、
あるいは批判する声が少なくありません。

果たしてSEKIROの魅力はどこにあるのか、
そしてSEKIROはどこまで人を選ぶゲームなのか?

本日はそうした今まさに
SEKIROの購入を検討してる方が
気になっているであろうポイントについて
プロアマ国内外含めた客観的な外部レビューと
フロムゲーをクリアまで
プレイ済み(ブラッドボーン)である
私自身のプレイレビューを踏まえて
徹底的に考察してみたいと思います。

続きを読む

7年に及ぶペーパードライバー期間を1日の特訓で脱出した話

はじめに

f:id:ama46572222:20190529083801j:plain

つい先日、
私は7年もの長きに亘る
ペーパードライバー期間からの
脱出に成功しました。

本日はその過程を記事として、
・なぜ7年間も車を運転しなかったの?
・ペーパードライバーから脱出したきかっけは?
・1日で勘をとりもどすための特訓法!
・これだけは抑えたい、復帰前の確認事項
といった順番でお届けします。

長期間のブランクがあって
これからの運転に不安を抱えている
ペーパードライバーの方の
お役に立てればという気持ちで執筆しています。

それではどうぞ!

続きを読む

初心者がまず読むべき最高のSCPベスト100【100位~51位】

はじめに

SCP財団ロゴ

様々な異常性をもつ
SCPオブジェクトの確保、収容、保護を
スローガンとするSCP財団についての
共同捜索を行うシェア・ワールド
SCP財団(SCP Foundation)

日本支部でも既に1000体以上の
SCPが創作され、一つのカルチャーとして
定着した感のあるこのSCPですが、
そのあまりの種類の多さや
報告書の難解さ、読みづらさから
「どれから読み始めればいいのか
分からない!」

「報告書の趣旨が理解できない!」
お嘆きの方も少なくないと存じます。

そこで本記事では
今まで多数のSCP記事を読み込んできた私が
有名、人気なSCPを中心とした上で
独断と偏見で選んだベスト100の
SCPランキング
をご紹介します。

当記事における選定基準は以下の通り。

選定基準

  • 公式で多くのup voteを得ているもの
  • 比較的オチが分かりやすいもの
  • 有名、人気なもの
  • 個人的に怖い、面白いと感じたもの

執筆者の趣向

  • シンプルなもの
  • 想像力を刺激するもの
  • 夜、布団に入ったときにふと思い出して不安感を掻き立てるようなもの
  • 詩的な美しさのあるもの
  • 博士やエージェントが独り歩きし過ぎていないもの

また各SCPの紹介には
開閉式でネタバレありの
解説が付属します。

この解説は手軽さを重視し、
枝葉末節を省いた
(ほぼ)100文字以内の
短い内容となっています。
(そのためより完全な理解を求める方は
本家記事の併読をおすすめします。)

それではどうぞ!

続きを読む

オチが分かるとゾッとする。伏線回収がすごい名作SCPまとめ!

はじめに

こんにちは、在野の
SCPハンターdaimaです(大嘘)。

本日は『オチが分かるとゾッとするSCP』
というくくりで、『解説を読み、
隠された真実を知ることで
初めてその本当の面白さが分かる』

トリッキーなSCPの数々をご紹介します。

なので推理力に自信のある方は
まず本家記事を読んで
自分なりの推理を考えてから
当記事の解説に目を通すことをお勧めします。

それでは、どうぞ…

続きを読む