退屈ブレイキング

映画、ゲーム、ホラー、ジョジョなどの話題が中心の趣味ブログ。現在月間20万PVほど。おおむね週一更新です。

平穏を愛する殺人鬼、吉良吉影の名言集【コメントつき】


人物紹介

f:id:ama46572222:20160814203432j:plain
吉良吉影とは、ジョジョの奇妙な冒険第四部

ダイヤモンドは砕けない」に登場した敵スタンド使いです。

年齢は33歳で独身、カメユーデパートに勤務するサラリーマンです。

スタンド能力は、触れたものを爆弾に変える「キラークィーン」。

物語の実質的なラスボスに相当するキャラクターで、

その際立った個性から、ジョジョ全編を通じても

トップクラスの人気を得ています。



※記事本文には、ジョジョの奇妙な冒険第四部に関するネタバレが含まれます。閲覧の際はご注意ください。

※以下、キャラクター解説が続きます。すぐに名言をご覧いただきたい場合は、こちらをクリックしてください。

吉良吉影人気の秘密

吉良吉影は殺人鬼で、手の綺麗な女性を殺さずにいられない性(サガ)を抱えています。

実際、作中では証拠を消せるスタンド能力を利用し、定期的に殺人行為を行っていました。

一般的に殺人鬼と聞いてイメージされるのは好戦的な人間ですが、

吉良吉影は、表向きは無害なサラリーマンとして完全に社会に溶け込んでいます。

DIOやカーズのような向上心とは無縁で、出世欲も金銭欲もなく、

平穏を愛し、自身の幸福(=殺人行為)を満たすことを第一に考えているのです。

この特異なキャラクターが、日常に潜む恐怖を描く4部の作風と完璧にマッチし、

吉良吉影を単なるラスボス以上の魅力ある存在たらしめたのではないでしょうか。

吉良吉影の名言

そんな吉良のセリフには、ひとつひとつに独自の人生哲学が込められています。

殺人鬼という、社会的に許されない極悪人のセリフですが、

現代を生きる私たちにとって、どこか共感してしまう名言が盛りだくさんです。

それでは、外伝作品「デッドマンズQ」も含めた吉良吉影の名言集、

お楽しみいただければ幸いです。



「勝ち負け」にこだわったり
頭を抱えるような「トラブル」とか
夜も眠れないといった
「敵」をつくらない
…というのが
わたしの社会に対する姿勢であり
それが自分の幸福だという事を知っている……

f:id:ama46572222:20160814204016j:plain


重ちーに「彼女」を見られ、殺人がバレた吉良吉影が、

自己紹介を交えながら持論を語った名言です。

吉良の基本スタンスが明かされた最初の台詞ですね。

この後吉良は「もっとも闘ったとしても私は誰にも負けんがね」と続けています。

本当はプライドが高い吉良の性格が伺えますね。


これで今夜も……
くつろいで熟睡できるな

f:id:ama46572222:20160814205043j:plain


「100円玉爆弾」で重ちーに勝利した直後のセリフ。

吉良の余裕と不気味さを感じさせる名言です。

初読時は、重ちーがあんなにアッサリ殺されるとは思わず、

ドキドキしつつページを捲った記憶があります。


知らないってことはないだろう……
いいかい?
しゃべらなければね……
君の両親も……始末するよ

f:id:ama46572222:20160814205329j:plain

瀕死の重ちーからスタンド使いの情報を聞き出すため、

吉良が囁いたセリフです。

地味ですが、吉良の冷酷さが表れた印象的なセリフです。


心はみにくいが
美しい手と顔をした女だ

このわたしのところに来れば
清い心で付き合えるよ…

f:id:ama46572222:20160814205817j:plain


カフェで、彼からもらった指輪を質に入れる相談をしていた

女性を見かけた吉良が呟いた不気味なセリフです。

この後、女性の後をつける吉良のコマが描かれ、

女性のその後の運命が暗示されています。


この吉良吉影を探りまわっている者……………

必ず爆死させる

我がスタンド『キラークィーン』の『シアーハートアタック』は

狙った獲物は絶対に仕留める…………

f:id:ama46572222:20160814205826j:plain


自分を追跡する承太郎と康一に対して、

無敵の自動操縦スタンド、シアーハートアタックを放った吉良の名言。

自分の平穏を乱すものは絶対に許さない、吉良の気迫が感じられますね。

しかし、キラークイーンの付属品扱いとはいえ、

シアーハートアタック単体でもあれほど強いのは少しズルいですね。


人前で「目立った行動をすること」…
それはこの吉良吉影が最も嫌うことだ…

それが赤の他人の前で
こんな屈辱の『生きっ恥』をかくとは…

f:id:ama46572222:20160814210755j:plain


康一のエコーズACT3で、シアーハートアタックを重くさせられ、

人前で不自然に左手を引きずる格好になった吉良の心中の台詞です。

この気持ち、日本人なら共感する人も多いのではないでしょうか?

目立ちたくない、人前で恥をかくのが一番怖い…

吉良に親近感をもってしまう名言です。


今度ぶどうヶ丘高の方に
『スポーツジム』がオープンするそうだが………

真剣に『会員』になることを考えたよ…
『体力』をつけなくちゃあな……

でもあーゆートコの『会員』ってのはどーなんだろうな?
一週間もフロに入ってないヤツが
チンポいじった手で同じダンベル持ち上げたり
プールに入ったりするのかな?

f:id:ama46572222:20160814210350j:plain

重くなった手を引きずりながら康一の前に戻ってきた、

吉良の潔癖症っぽいセリフです。

吉良が潔癖症だといわれると、妙に納得してしまいますね。

ナチュラルに他人を見下していそうな表現も吉良らしくてGOODです。

あと一分したら『キラークイーン』で吹き飛ばしてやる
それまで私を見習って同じ痛みに耐えろ………

わたしを見習うんだよォーーーーッ!
ああーーーーーっ!!

f:id:ama46572222:20160814210359j:plain

康一を抑え込んだ吉良が、先刻の屈辱を晴らすため、

康一をなぶり殺しにしようとした場面のセリフです。

少し前のティッシュのくだりといい、

冷静に頭のネジが飛んでいる吉良の魅力が味わえます。


あとは『キラークイーン』の第一の爆弾で
こっぱみじんにふっ飛ばせば…終わりだが…

さっきから気になってしょうがない
こいつ『くつ下』を裏返しに履いてやがる…
自分で気にならんのかな?
裏表ぐらい確認してから学校行け

f:id:ama46572222:20160814211223j:plain

康一の腹を貫き、爆弾で止めを刺そうとした直前、

ふと康一のくつ下が気になってしまった吉良のセリフです。

これも潔癖症(完璧主義?)っぽいセリフですね。

結局、この吉良のこだわりのおかげで康一は命拾いします。

見てのとおりだ 切り離す………
い…痛いよ… なんて痛いんだ
血もいっぱい出てるし 涙まで出てくる……

だがわたしには勝ち負けは問題ではない…
私は『生きのびる』……
平和に『生きのび』てみせる
わたしは人を殺さずにはいられない
という『サガ』を背負ってはいるが…………

『幸福に生きてみせるぞ!』

f:id:ama46572222:20160814211216j:plain

承太郎にボコボコにされ、仗助たちに追い詰められた吉良が、

左手を自ら切り落とした直後に放った名言です。

悪役も含め、登場人物が全員『前向き』なところはジョジョの魅力のひとつ。

殺人行為は絶対に許されませんが、

どこまでも幸福に生き抜こうとする、精神のタフさは見習いたいですね。


何だ……? この吉良吉影
ひょっとして 今 この女の事を心配したのか?

彼女の「目」にサボテンのトゲが刺さらなかった事に…
今心からホッとしたのか…? 何だ…この気持ちは?

このわたしが他人の女の事を心配するなどと…!

いや違う! この女がもし死んだら
あの空条承太郎にこの家の事が知られる心配があるだけ…

この女が無事でホッとしたのはその事だけのせいだ…
ただそれだけだ…

f:id:ama46572222:20160814212514j:plain

整形して顔を変え、川尻浩作になりすました吉良が、

浩作の妻、川尻しのぶの身を心配した場面でのセリフです。

この言葉通り、吉良は保身のためにしのぶを心配しただけなのか?

それとも実はしのぶに対して吉良なりに情が移っていたのか?

本人は否定していますが、どちらとも言い切れないですね。

もしかしたら、吉良にも更生の余地がありえたかもしれない…

と思わせられる名場面でした。


「爪」のびているだろう…
こんなにのびてる
自分「爪」がのびるのを止められる人間がいるのだろうか?

いない…

だれも「爪」がのびるのを止めることができないように…
持って生まれた「性」というものは 誰もおさえる事ができない…………
どうしようもない…困ったものだ

f:id:ama46572222:20160814212527j:plain

美奈子さんの手を狙い、室内に不法侵入して彼氏を爆殺した吉良が

自身の殺人のサガを爪に例えて語った名言です。

吉良は悪ですが、殺人衝動は望んで生まれ持ったものではありません。

全てが吉良自身の罪なのか、考えさせられる名言です。



質問を質問で返すなあーっ!!

わたしが「名前」はと聞いているんだッ!

疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?

f:id:ama46572222:20160814212535j:plain

名前を聞いているのに、彼の行方を聞き返す美奈子さんに対して

集中線つきでキレた吉良の名セリフです。

ジョジョの伝統、『質問を質問で返してはいけない』の精神は、

後に五部のホルマジオや七部のマウンテン・ティムに受け継がれました。


許す?
ちょっと待ってくれ
わたしは別に怒っているわけではないよ

「趣味」なんだ
君を選んだのも「趣味」だし
持って生まれた「趣味」なんで
前向きに行動してるだけなんだよ…

f:id:ama46572222:20160814212543j:plain

吉良に許しを請う美奈子さんに対して、

子供に言い聞かせるように語った名言です。

二つ前のセリフでは、吉良も自分の宿命に葛藤があったのかも…

と一瞬思わされましたがそこはジョジョ

本人はどこまでもポジティブシンキングでした。



このわたしが杜王町から逃れるだとーッ!

このわたしが追ってくる者を気にして背後におびえたり
穏やかでも安心もできない人生をおくるのはまっぴらだという事は
良く知っているだろうッ!

この町は決して出ないぞッ!

f:id:ama46572222:20160814212550j:plain

杜王町の外への逃亡を勧める父親(写真の親父)に対し、

吉良が鬼気迫る表情で提案を却下した場面の名言です。

吉良のプライドの高さ、自身の生き方へのこだわりが見て取れます。


激しい「喜び」はいらない…

そのかわり深い「絶望」もない………
「植物の心」のような人生を…

そんな「平穏な生活」こそ私の目標だったのに………

f:id:ama46572222:20160814212630j:plain

無敵の「バイツァ・ダスト」が破られ、

仗助に再び正体がバレた場面での吉良の名言。

「植物」という表現はまさに吉良の生き方にぴったりですね。


フウウウウウ~~~

わたしは…子供のころ……
レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」ってありますよね……
あの絵…画集で見た時ですね

あの「モナリザ」がヒザのところで組んでいる「手」…
あれ…… 初めて見た時……
なんていうか……その…下品なんですが…フフ……

勃起………しちゃいましてね…………

f:id:ama46572222:20160814212846j:plain

女性救急隊員に向かって吉良が発した、ヘンタイ度MAXの名(迷)言です。

余談ですが、荒木先生の顔はモナリザに似ていることで有名ですね。

手の美しさまでそっくりなのかは分かりませんが。

このクソカスどもがァーッ!!

f:id:ama46572222:20160814212852j:plain

女性救急隊員を利用した、逆転のバイツァ・ダストを

康一のエコーズACT3で阻止された吉良の怒りの名言です。

吉良は頭が良くスタンドも強力でしたが、相手が悪すぎましたね。

私の名前は『吉良吉影
いつ…なぜ わたしが死んだのかはどうしても思い出せない

ひとつだけ言えることは 自分は決して
天国へは行けないだろうという実感があるだけだ

これからどうするのか?

それもわからない……
永遠に時が続くというのなら
「仕事」を「生きがい」にしておけば
幸福になれるかもしれない

f:id:ama46572222:20160814212906j:plain

外伝作品、「デッドマンズQ」より、

幽霊の殺し屋となった吉良吉影の独白です

この作品は、幽霊も生きている人間と同じようにルールがあって、

同じように苦労しているという世界観が独特で好きな作品です。

幽霊なのに電車に乗るにはチケットを買う必要がありますし、

人のいる部屋に入るには住人の許可を得る必要があります。

生きていても死んでいても苦労が絶えない吉良吉影

荒木先生が、「描いていて泣けた」と語ったのも分かる気がします。


券は持たない 席をとったということが大切なのだ…

そして最も重要なのは
このすてきな青空を眺めることであり
移動する景色をゆっくり楽しむことなのだ

それ以上に重要なことがこの世にあるのか?

f:id:ama46572222:20160814212921j:plain

見た目は多少変わってしまいましたが、

こういう考え方や、細かい点が気になる性格は生前のままですね。

彼には、いつか幽霊として平穏な生活を手にしてほしいものです。


吉良吉影ファンにおすすめ!

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 20.吉良吉影(荒木飛呂彦指定カラー)(再生産)

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 20.吉良吉影(荒木飛呂彦指定カラー)(再生産)

ジョジョフィギュアの決定版、超像可動シリーズ。
川尻verの頭部もついて二倍楽しめます。
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 26.吉良吉影・セカンド(荒木飛呂彦指定カラー)

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 26.吉良吉影・セカンド(荒木飛呂彦指定カラー)

個人的にはこっちのカラーの方がしっくりきます。
しかし現在プレミア価格で絶賛高騰中(泣)
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 16.キラークイーン(荒木飛呂彦指定カラー)

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 16.キラークイーン(荒木飛呂彦指定カラー)

キラークィーンも高クオリティ。
猫草も同梱されていますが、小さくて無くしやすいので注意。
死刑執行中脱獄進行中 (集英社文庫 あ 41-54)

死刑執行中脱獄進行中 (集英社文庫 あ 41-54)

死後幽霊と化した吉良を描いた「デッドマンズQ」が二話収録!
露伴先生も登場する「死刑執行中脱獄進行中」や、
難破船での猫と青年の死闘を描く「ドルチ」など
同時収録の他作品も大変おすすめです!


あとがき

以上、吉良吉影の名言集でした。

立場は第四部のラスボスですが、

生まれ持ったサガをポジティブに生きる、

ヒーロー的な魅力も感じられますね。


吉良を見ていると、

荒木先生が四部の単行本で語っていた、

強い人間は悪さなどしない。

本当に怖いのは、弱さを攻撃に変えた人間なのだ

という言葉を思い出します。


四部最大の悪役でありながら、

人間的弱さをを持つキャラクターだからこそ

今でも多くの人の共感を得て、

愛され続けているのではないでしょうか。


ジョジョが好きな人にはこちらの記事もおすすめ!

www.taikutsu-breaking.com

▲ 同じく第四部の人気キャラクター
岸辺露伴の痺れる名言集をお届けします。


www.taikutsu-breaking.com

www.taikutsu-breaking.com

▲ 最強スタンドと最弱スタンドを
それぞれ理由付きで考察してみました。


www.taikutsu-breaking.com

▲ デザインに注目してスタンド能力をランキング化!
あなたの好きなあのスタンドは入っているでしょうか?


www.taikutsu-breaking.com

ジョジョの名バトルを名言付きでご紹介!


www.taikutsu-breaking.com

ジョジョの名言をベスト100形式で!


www.taikutsu-breaking.com

▲ 日常生活に役立ちそうなスタンドをピックアップ!


www.taikutsu-breaking.com

▲ シリーズ最新作ジョジョリオンに対する
私の不満点をまとめてみました。


www.taikutsu-breaking.com

ジョジョASBはなぜ炎上してしまったのか。
その理由を一ファンの視点から検証します。


www.taikutsu-breaking.com

▲ その他のジョジョの関連記事はこちらからどうぞ