パッと見無害っぽいけど実は超ヤバいSCPオブジェクト8選

記事サムネイルSCP

はじめに

こんにちは、daimaです。

周囲の人を観察していると
ぱっと見怖そうな人が意外と優しかったり、
逆に普段おとなしい人がキレると超怖かったりして
第一印象って本当に当てにならないなぁと思う今日この頃です。

というわけで(?)本日は
「パッと見無害っぽいけど実は超ヤバいSCPオブジェクト8選」と題しまして
一見無害そうだけど実は超ヤバい性質を隠し持っている
ギャップ系のSCPオブジェクト
を合計8種ほどご紹介させて頂きます。

全体の構成としましては
まず各オブジェクトのざっくりとした概要を示した上で、
下部にある「クリックでネタバレを読む」ボタンをクリックすると
さらなる追加の説明を読むことができる形式となっております。

それではどうぞ。

SCP-078-JP「永久カイロ」

SCPー078ーJP – SCP財団

この時期になると手放せなくなるのが
暖かさが長時間持続する使い捨てカイロですが、
それでも市販のものはせいぜい半日ももてば良い方ですよね。

ところがSCP-078-jpはそのタイトルが示す通り
どれだけ時間が経っても温度が下がるどころか
逆に上昇し続ける
という、
私のような寒がりにとっては
まさに夢のようなカイロなのです。

これさえあればもう冬に服を何重にも着込んで
無駄な洗濯物を増やすような真似をしなくて済みますね!

クリックでネタバレを読む▼

残念ながら、SCP-078-jpを
防寒目的で使用することは
誰にも不可能なことと思われます。

なぜなら、SCP-078-jpの温度は
どこまでも際限なく上昇し続けるのですから。

SCP-078-JPの特異性はその温度上昇にあります。
SCP-078-JPが空気に接している場合、1分間に0.4℃の速度で変わることなく温度が上昇を続けます。この上昇した温度が下がることはありません。

現在の温度は2■■■℃です。

1分に0.4℃ずつ温度が上昇するということは
つまりわずか15000分 = 41時間ほどで
SCP-078-jpの温度は太陽表面と同等の
6000℃にまで到達することを意味します。

現在の所SCP-078-jpは財団によって
真空状態下で保管されており、
温度の上昇速度は年間1度以下という
大幅に緩やかな速度に抑えられていますが
万が一本オブジェクトの収容違反が発生し、
かつ速やかな回収が行われなければ
太陽系に第二の小さな太陽が誕生する事にもなりかねません。

外見、異常性ともにこの上なくシンプルな分
ストレートにそのヤバさが伝わってくるオブジェクトですね。

SCP-309「プラシ天のおもちゃ」

SCPー309 – SCP財団

中身が裏返しになった動物のぬいぐるみ

おやおやこれは動物のぬいぐるみでしょうか…?

中身が裏返しになっているのが痛ましいですが、
見るからに柔らかそうで
思わず抱きしめたくなってしまいますね。

あなたもそう思わないでしょうか?

クリックでネタバレを読む▼

冒頭のテキストを読んで
「なんか怪しいな」と感じたあなた、大正解です。

見たり聞いたりするだけでも
致命的な影響を及ぼす連中がゴロゴロしているSCPワールドにおいて
正体も良くわかっていないアノマリーに直接触れるだなんて
自殺行為というほかありません。

さて、それではもしあなたが
迂闊にもこのオブジェクトに触れていたら
一体何が起きていたのでしょうか…?

SCP-309は無生物には効果がありません;しかし、生物と接触することは対象の生命活動に危険を及ぼします。
人類や動物種が指もしくはそれに類する部位でSCP-309に軽い接触を行うと、その後数十分えもいわれぬ不快感を覚えます。
SCP-309には吐き気を催させる要素が一切存在しないにもかかわらず、被験体となった多くの人間は強烈な嘔吐感を報告しています。
この不快感と嘔吐感は圧倒的なものであり、もっとも強靭な被験体でさえ発生から数秒以上の接触を維持できていません。

もしSCP-309を被験体に強く押し付けたり、被験体がSCP-309を速やかにつまみあげて強く抱えようとしたならば、被験体は激しい苦痛のなか5秒から10秒の間に”裏返し”になります。
骨格は変化しませんが、すべての軟組織(つまり筋肉、腱、靭帯)が”反転”し、諸々の臓器はその表面に再配置されます。
致命的なことは稀なもののこのプロセスは不可逆的であって、今まで味わってきたなかで最悪の痛みであるということを被験体達はそろって報告しており、その苦痛は出産時のそれや群発性頭痛、あるいはサシハリアリ1に刺された時の激痛を超えるとされています。

いやーえげつない。

後者のC-MOON的な裏返し現象に至っては
これを喰らった被験者の痛みを想像するだけでも
身の毛がよだつような恐ろしさです。

それにしてもこいつや「ビルダーベア」、
「たった一人の愛しい我が子」など
パッと見の見た目が可愛らしいアノマリーほど
エグい異常性があるのは
一種のギャップ萌え狙いなのでしょうか?(絶対違う)

SCP-100-JP「屋根裏部屋の宇宙」

SCPー100ーJP – SCP財団

2021年現在、民間人が宇宙旅行を楽しむには
最低でも1000万円からのお金が必要になるそうですが、
もしあなたがSCP-100-JPの場所を知っていれば、
宇宙服を用意するだけでもう少し気軽に
宇宙旅行気分を味わうことができるかもしれません。

SCP-100-JPはメキシコに存在する一件の木造家屋です。

この建物は外見上は普通の家屋のようでありながら、
その屋根裏部屋には少なくとも半径127kmに及ぶ
無重力かつ真空の異常な空間が広がっており、
さらにその内部には木材を組み合わせて作られた
直径10センチ前後の球状の「惑星」
内部に電球が組み込まれた巨大な「恒星」がまばらに浮遊しています。

これらがいつどのように
誰によって作られたかは不明ですが、
その構造からしてSCP-100-JPは
現実の宇宙を模した一種のミニチュアの様なものではないかと推測されています。

クリックでネタバレを読む▼

日本に古くから存在する呪いの儀式に
丑の刻参りというものがあります。

呪いたい人の髪の毛などを埋め込んだ人形に
釘を打ち込むことで間接的に
呪いをかけるという有名なアレですね。

なんで私が突然こんな一見無関係な話を始めたかというと、
SCP-100-JPにも丑の刻参りによく似た性質があるからです。

…そう、SCP-100-JP内部のミニチュアが受けた影響は
全く同じスケールで現実の宇宙にも反映されるのです。

事件記録100-1

SCP-100-JPをより詳しく研究するためにサイト-103に19██/█/█に財団の天文学者を中心とした研究チームが入った時、誤ってSCP-100-JPの”恒星”の一つを破壊しました。
それから██年後の20██/█/██に、おうし座付近にある恒星█████が恒星寿命に関係なく超新星爆発を起こしたことが財団の天文学チームにより発見されました。
それまでは只の天体を模したオブジェクトだと思われていたSCP-100-JPは即座にEuclidクラスのオブジェクトとして認定を受けました。
財団が材質検査及び探査中の軽微な接触などによって破壊した「惑星」「恒星」の数は合計1█個を超えています。
幸いにして全て地球にあたるであろう「惑星」からは離れており、地球人類への直接的被害はないものと見られます。

これはつまり、仮に地震でも起こって
SCP-100-JPが倒壊したりでもしたら
その時点で宇宙が丸ごと崩壊する可能性が
極めて高いことを意味しています。

この事実が判明してからというもの
SCP-100-JPのオブジェクトクラスは
SafeからKeterに繰り上げとなり、
さらに無許可で半径5km内に侵入した者は
問答無用で終了されるという
厳重な警備体制が敷かれることとなりました。

…一体財団世界は
いくつの時限爆弾を抱え込まされれば
許されるのでしょうね。

SCP-439「骨の巣」

SCPー439 – SCP財団

[画像]

SCP-439は中国本土で発見された
体長2.5cmほどのハサミムシに似た起源不明の昆虫です。

これ単体に殺傷能力はなく、
ある期間を除いては比較的無害な存在とされていますが…

クリックでネタバレを読む▼

詳細は実際の報告書を読んでいただくとして、
ここではこのアノマリーが引き起こす事象を
ざっくりと時系列順の箇条書きでご紹介させて頂きます。

  • 生殖期に入ったSCP-439は睡眠中の人間の口から体内へと侵入する。
  • 体内へ侵入したSCP-439は犠牲者の片方の肺に定住する
  • 肺への到着後およそ4~8時間以内に宿主は胸の痛みと息切れを訴える
  • その後宿主の骨が異常な成長を始め、時折肉を突き破るなどして非常な苦痛を与えるが、この時点で死ぬことはない
  • 骨が成長する間、宿主は暗くて囲われた場所に移動するように行動を強いられる
  • 骨が成長を続けた結果、最終的に宿主の体は内臓とを内部に収めた骨の「籠」のような形に変形する
  • 宿主の体に最初に入ったSCP-439は女王として籠の中で2万~3万ほどの子を産み一大コロニーを形成する
  • コロニーは主に宿主の内臓を食糧として4~6か月ほど維持される。
  • コロニーの誕生から4~6か月ほど経つと集団内から新しい女王が表れてつがいの雄を選ぶ。
  • 新女王が誕生したコロニーは[データ削除済]を破裂させることで自壊し新しい女王は次の標的を求めて旅立つ
  • なお報告書中のある事例ではこの時点においても(脳を部分的に齧られているにもかかわらず)まだ犠牲者は生存していた。

…自分でテキストをタイプしながら吐きそうになりました。
同じ死ぬにしてもこんな死に方だけは絶対にご免ですね。

SCP-2950「ただの椅子」

SCPー2950 – SCP財団

SCP-2950は何の変哲も無い
金属製の折りたたみ椅子です。

唯一の異常性は
これに座った人間に対し、
通常の同型の椅子と比べて
圧倒的な快適さを与えることであり、
その快適さゆえに長く座り続けるほど
その人はSCP-2950に対し強い執着心を抱くようになります。

…まぁ、なんというかずいぶん適当というか、
私でも5分で思いつきそうな
ありきたりな内容の報告書ですね。

オブジェクトクラスも当然のごとくsafeですし、
こんなつまらないオブジェクトに
皆様の貴重な時間をこれ以上割くのももったいないですので、
さっさと次のSCPオブジェクトの解説に移りましょう。

クリックでネタバレを読む▼

SCP-2950。おそらく貴方が予想している通り、あれは単なる快適な椅子ではない。
我々が(我々とはつまり、貴方や私のことである)誰もにそう思い込ませようとしてきたのだ。

SCP-2950は定義不可能なKeterクラスの存在だ。
記憶していられないために定義が不可能、といった類の物ではない。
我々はあれが何なのかを定義しなければならないからこそ、定義できないでいる。
SCP-2950は最も多数の人々がこうだと思った姿に変化するからだ。

結論。
SCP-2950、超ヤバかった。

それにも関わらず報告書上で
いかにも無害そうな嘘の説明がなされていたのは
それが「大多数がそうだと信じる姿に変化する」
能力を持つSCP-2950を安全に封じ込める
唯一の手段だったからなんですね。

また、報告書には他にもかつて財団が
SCP-2950がある種のXK-クラスの怪物だと記述した
一冊の本を発見し、その内容を信じて対応を行ったために
本当にSCP-2950がその通りの怪物になったことや、
その後に要注意団体「蛇の手」のメンバーの協力によって
SCP-2950の真の性質が共有され、
現在の収容プロトコルに落ち着いた経緯などが記されています。

このような性質から、財団内部で
このSCPの真相を知るのは
歴代のO5-6ただ一人に限られています。

…きっとO5メンバーは
このような自分だけが知る超極秘事項を
他にも山のように抱えているのでしょうね。

SCP-224-JP「地蔵祭りの大鳥居」

SCPー224ーJP – SCP財団

SCP-224-JPは一見どこの神社にもあるような
9mほどの高さの赤い鳥居です。

SCP-224-JPには自己修復能力があり、
軽微な傷ならば自力で修復できるほか、
再生不能なほどに破壊された場合には
近場の別の鳥居に特異性を転移する性質もあるため
物理的な方法でSCP-224-JPを地上から消し去ることは出来ません。

とはいえSCP-224-JPの真の妙味は
こんなありきたりな再生能力などではありません。

SCP-224-JPの持つ唯一無二の異常性、
それは毎年1月1日の深夜頃に発現
それ以前の一年間の間に
SCP-224-JPの下をくぐった人間の数が
SCP-224-JPの額束(上部中央の神社の名前が書いてあるあれ)または
貫(額束の下にある梁)の一部に刻まれている漢数字よりも少なかった場合
に、
その差の数だけ近隣地域にお地蔵さんを
出現させる
という恐るべきものなのです!

…え?
全然しょぼい?

いやいやどうせSCP財団のことだから、
視線を外した瞬間に首をへし折ったり
人間の精神をジャックしてくるような
化け地蔵なんですよきっと…

処置”地蔵供養”は、タタリイベントにより発生したSCP-224-JP-2の回収と廃棄の手順を定めています。
タタリイベントにより出現したSCP-224-JP-2は特異性を持ちません。
通常の石材の廃棄物として処理できますが、外見が地蔵という特性上、粗雑に処理する現場を近隣住民に目撃された場合に通報や騒ぎが発生するおそれがあります。

別にそんなこともなかった。

こうなると地蔵の後処理がちょっと面倒くさいだけで、
本当に大したアノマリーでもなさそうですね。
異常が発生するスパンも年に1回だけとかなり余裕がありますし。

一体なんでこんなオブジェクトが
Keter指定なんでしょうか…?

クリックでネタバレを読む▼

SCP-224-JPがKeterに指定されている本当の理由。

それには、冒頭で少し触れた
SCP-224-JPに刻まれている
ノルマの漢数字が深く関わっていました。

SCP-224-JPは額束または貫の一部に漢数字が刻まれています(以下SCP-224-JP-1と呼称)。
20██/1/2時点のSCP-224-JP-1は「八四五一六」です。
毎年の1月1日の午前2時前後、過去一年間に鳥居の下を通過した人数が、SCP-224-JP-1未満であった場合、タタリイベントが発生します。
同一人物による通過は1日につき1回のみ有効です。

タタリイベントが発生した場合、SCP-224-JP-1に不足した人数と同じ数の地蔵(以下SCP-224-JP-2と呼称)がSCP-224-JPを中心とした近隣地域に出現し、SCP-224-JP-1の値は不足した人数分増加します。

もうお分かりですね。

SCP-224-JPの参拝ノルマが達成されなかった場合には
その不足分が来年度のノルマに加算されていく…

つまり極端な話、ある年に
SCP-224-JPの下を通過した人数がゼロ人であれば、
その翌年のノルマは一気に前年の二倍となるわけです。

そしてもし、何年も何年も繰り返し
参拝ノルマを大幅に下回ってしまったとしたら…

その度に生み出される
お地蔵さんの数はネズミ算的に増殖し、
やがて日本中いや世界中が
無数のお地蔵さんで埋め尽くされてしまう事でしょう。

例え一体一体は無害な地蔵でも、
仮にそれらが1億体同時に日本列島に出現したらどうなるでしょうか?
(そうなればさして広くもない部屋に住む私などはきっと
毎日地蔵の頭の上で寝起きしなくてはならくなるでしょうね。)

しかもSCP-224-JPは破壊できず、
一度上がったノルマを下げる方法は
少なくとも今は何一つ見つかっていないときている。

なるほどこれはKeter指定されるのも納得のヤバさですね。

それでは最後にとある博士による、
このSCiPを引き合いに出したありがたい箴言を引用して
このオブジェクトの解説の締めくくりとしましょう。

なぜSCP-224-JPがKeter実体に分類されているかわからない者はいるかね?
たしかにSCP-224-JPは人を傷つけたりしないし、情報災害も認識災害も引き起こさない、収容されている限りは実に無害な存在だ。収容違反が発生したところで、何体かの地蔵を生み出すだけだし、一見その影響は軽微のようでもある。
しかしそれは、財団収容下にある、という前提のもとに成り立っている。君は床が地蔵で埋め尽くされた部屋で生活できるかね? 高速道路や空港の滑走路に地蔵がゴロゴロところがっていたら? SCP-224-JPが適切に収容されていなければ、ほんの数年でそれが現実のものとなる。直接人類が殺戮されなくとも、現在の人類の文化が根底から破壊されること、それこそが世界終焉シナリオなのだ。

████博士の新入職員向けオリエンテーション より抜粋

SCP-397-JP「カーテンの向こう側で」

SCPー397ーJP – SCP財団

SCP-397-JPに指定されているのは
大阪府████地区に存在する、
経営不振で倒産したとある廃ホテル内部の
コンクリートの壁とそこに掛けられている
一つの緑褐色の薄手のカーテンです。

これらの物品の不思議な点は第一に
上記のカーテンが上記の壁に対し
閉じた状態で掛けられている場合にのみ、
その奥には壁しかないにも拘らずカーテン上に
青空と草原の風景がぼんやりと透けて見えるようになる点です。

しかしながらこの空間はカーテン上にしか存在せず、
例えば異常の発現時にカーテンを表側から手で押し込んだとしても
手はすぐにコンクリートの壁にぶつかるのみであり、
映し出された草原の中に外から侵入することはできません。

また、この異常はカーテンが開いている場合や
別の場所に掛けられている場合には発生しないのですが、
以下に引用する副次的な異常性の為に
不活性状態を維持することは非常に困難です。

SCP-397-JPはカーテンを開けた状態であっても、人間が集中して観測していない間に独りでに閉じ、風景を映し出すことが確認されています。
SCP-397-JPをカメラによる観測を行った場合、数秒間ノイズがカメラに走った後、カーテンが閉じ青空の風景が映し出されていることが確認できました。
カーテンに対して紐や釘、ロボットアームなどを用い、開いたままにしておく実験において、SCP-397-JPはいつの間にかそれらを全てはずした状態で閉じているのが確認されました。

カーテンを取り外し、金庫内に仕舞っておく実験において、警備員が金庫から意識を少し離している間にSCP-397-JPにカーテンが取り付けられ、閉じられた状態になっていました。

もっともこのオブジェクトが及ぼす影響といえば
現実に存在しない風景を見せるだけのことですので
たとえ異常を封じることが難しくとも
さほど心配することはないでしょう。

カーテン越しじゃぼんやりして風景を楽しめんな。
まぁ、光が差し込んでくるから体内時計の調整には使えるかもしれんが

— 骨折博士

見立てを行った財団の博士ですら
こんな軽い調子ですしね…

クリックでネタバレを読む▼

追加文書1: 2012/5/14、このアイテムの奥にある森に、赤と黒の色をした何かが存在しているのを天王寺博士が発見しました。
この変化によってSCP-397-JPはSafeクラスのオブジェクトとして認定されました。
以下、この存在をSCP-397-JP-1と表記します。

ん?

追加文書2: 2012/6/17、SCP-397-JP-1が明らかにこちらに接近していること、そのおおよその高さは周囲の樹木から推測した場合6メートルを超えていることが新たにわかりました。

6mってでかくね…?

追加文書3: 2012/7/22、SCP-397-JP-1が黒及び紅褐色の肌、地面に垂れ下がるほど長い腕と爪を持っている人型の生物であるということが新たにわかりました。これによりSCP-397-JPはEuclidクラスのオブジェクトとして認定を受けました。

絶対ヤバい(確信)

追加文書4: 2012/7/26、SCP-397-JP-1の接近はSCP-397-JPのカーテンが開かれている間止まることが判明しました。これにより特別収容プロトコルが大幅に改訂されました。

追加文書5: 20██/██/██現在、SCP-397-JP-1のこちらへの接近速度が明確に上昇していることが発見されました。また、SCP-397-JP-1の紅褐色の肌だと思われていたものは、おそらく血液の付着によって変色した人間の衣服を大量につぎはぎしたものであることがわかりました。

ギャーーーーーーッ!!!
出た!!!

ここにきてまさかのド直球ストレートなホラー

この怪物が着ている「人間の衣服」
恐らく例の廃ホテルがまだ営業していた頃の
不幸な客たちの成れの果てなのでしょう。

この衝撃の事実が発覚してからというもの
財団は本オブジェクトのオブジェクトクラスを
SafeからEuclidへと格上げ。

さらに「カーテンを開いた状態にした上で
高い集中力を備えた複数のDクラス職員を配置し、
一分の隙もなく監視を続ける」
という
嵌め技的な特別収容プロトコルを制定し、
SCP-397-JP-1の出現を徹底的に抑え込む方針を取りました。

ちなみに先ほど引用した骨折博士のメモの内容が
やたら暢気だったのは怪物の存在が
発覚する前に書かれたものであったためです。

最初は人畜無害な不思議アイテムだと思わせておいてから
一転ホラー映画も驚きの急展開で
私たちを恐怖のドン底に突き落としてくれたこの報告書。

近頃の報告書にはミーム災害や情報災害など
色々と捻った怖さのものが多い分、
たまにこうした直球のホラー物に出会うと
不意打ち的にかなりビビらされますね。

SCP-404-JP「Not Found」

SCPー404ーJP – SCP財団

ん?「このページはまだ存在しません?」

リンク先を間違えてしまったのでしょうか…?

あぁ、下の方にスクロールしていくとテキストがありました。

なぜか白紙の報告書が
財団データベースにインデックスされてしまっているようです。

…確かに不思議ではあるのですが、
ページ内を見渡しても、上記のやりとりの他には
何も見つけることはできません。

なぜこんな中身の薄い報告書が800超もの
up voteを獲得しているんでしょうね?

クリックでネタバレを読む▼

安心してください、
もちろんこれで全てではありません。

ページを開いてしばらく待つと、
ページ内のテキストが1文字ずつ自動消去され、
新たなテキストが出現する仕掛けが施されているのです。

説明:SCP-404-JPは、財団のデータベース内に存在する報告書の1つです。

SCP-404-JPは自身に記述されている文章を、見たものが最も自然に『ここには何もない』と考える形になるように改竄し、その内容を自身や他の情報媒体、人々の記憶から消去します。

SCP-404-JPがいつからその性質を持ち、何故財団にその性質を知られているのかは不明です。

なるほど、SCP-404-JPには、
自分の情報を隠す反ミーム的な性質があるのですね。

直接的な害こそないとはいえ、
調査や研究が難しくなるのは
財団にとっては少々厄介なアノマリーだと言えそうです。

ん?

違う。

奴は文章を消しているんじゃない。

書かれた存在を消しているんだ!

今の私にできるのは、奴自身に奴を消させようと試みることだけだ。

それが失敗したときは頼む。どうか、奴に追記をしないでくれ。

この文章がどうか消えずに残ってくれることを祈る。

私の名は

あっ・・・(察し)

前言撤回、SCP-404-JPの正体は
そこに書かれた人の存在自体を消すverのデスノートでした。

凝った仕掛けに二段階の落ちという巧妙な構成。
なるほど大量のup voteを獲得するのも納得の完成度ですね。

他にもこの報告書のナンバーが404-JP(404 not found)であったり、
通常は存在しないO5-14の名が記されていたり(=このアノマリーに存在を消された事を示唆)と
気づくと思わずニヤリとする細かい小ネタがちりばめられている点もまたニクイところです。

おわりに

以上、「パッと見無害っぽいけど実は超ヤバいSCPオブジェクト8選」でした。

見返してみると全体的にJP報告書の割合が多くなりましたが、
思えば日本支部にはこういうオチで一気に
ひっくり返すタイプの報告書が比較的多いような気もしますね。

そういえば何気にこれが本年度最初の記事となりましたが
今年も今回紹介したような面白い報告書と新たに出会うことができるでしょうか…?

SCPに興味があるなら以下の記事もおすすめ!

SCP財団が定めた人類滅亡の筋書き「Kクラスシナリオ」の全種解説と実際の事例をまとめてご紹介します。
2019年7月14日
目次 はじめにSCP-2061-JP 「暁星屋百貨店冒険譚」SCP-2264「アラガッダの宮廷で」SCP-109-JP – 「底なし村でワルツを」SCP-CN-1210「月の箱」SCP-1857-JP「常盤の […]
2021年4月4日
目次 オブジェクトクラスの違い、ちゃんと説明できますか?Safe概要Safeに指定されているオブジェクトの一例SCP-028「知識」SCP-131「アイポッド」SCP-1370「困らせルボット」Safeなのに危険なオブジ […]
2021年5月16日
周囲を破滅させる優しい老人や、不気味な植物人間、知能の高いオウムに隠された真実など、オチが分かるとゾッとする名作SCPをご紹介します。
2019年4月20日
思わず吹き出してしまうようなネタ系、面白系のSCP報告書を8本ご紹介します。
2020年3月21日
あまりにも救いがなさ過ぎて読んでいて胸が張り裂けそうになった切ない系のSCP報告書を7本ご紹介します。
2020年4月26日
動物をモチーフとした可愛いくもえげつないSCPオブジェクト6体をご紹介します。
2020年5月3日
単純な恐怖以上の底知れない悪意を感じさせる、究極に胸糞悪い邪悪なSCP報告書をランキング形式でご紹介します。
2020年4月5日
目次 はじめにアイディアが凄いおすすめのSCP報告書8選SCP-240-JP – 0匹のイナゴSCP-2048-JP – 普通のコインSCP-4559 – レシートはいかがですか?SC […]
2021年3月6日
SCP財団の最終兵器にしてトップシークレット、オブジェクトクラスThaumielのSCPたちをご紹介します(前編)
2018年11月24日
SCP財団最大のタブーであるSCP-001の全報告書31種を一挙解説!
2020年2月16日
Kクラスシナリオの発生や異常の看過など、SCP財団が敗北した描写のある報告書を解説付きでご紹介します。
2021年1月31日
SCP財団日本支部より、意味がわかるとゾッとする怖い報告書を10本厳選してご紹介します。
2020年11月7日
無生物アイテム系に限定して、私が本気で面白いと思った傑作SCPをご紹介します。
2018年3月3日
宇宙の崩壊、強力な現実改変能力者、外宇宙の凶悪な侵略者などによって、財団及び人類が完全に詰みの状態に陥っている手遅れ系の報告書を20本ご紹介します。
2020年10月10日
「収容不可能で、能動的に人類を滅ぼす」定義を持ち、登場すると高確率で人類が滅ぶApollyonクラスSCPオブジェクトの特集です。
2020年4月12日
一回読んだだけではまず理解することはできないであろう超難解なSCP報告書をベスト10のランキング形式でご紹介します。
2020年5月23日
SCP初心者の方でも楽しめる、比較的短めでアイディアのインパクトがあるおすすめ報告書を20本ほどご紹介します。
2020年10月3日
思わず吹き出してしまう、選りすぐりのシュールなネタ系SCP報告書を8本ご紹介します。
2021年1月23日
タイトルとURLをコピーしました