退屈ブレイキング

映画、ゲーム、ホラー、ジョジョなどの話題が中心の趣味ブログ。現在月間20万PVほど。おおむね週一更新です。

2000件超の絶賛レビュー!PS4ソフト『DETROIT』はなぜここまで支持されたのか

f:id:ama46572222:20180710082045j:plain

こんにちはdaimaです。

本日は、『ヘビーレイン 心の軋むとき』、
BEYOND: Two Souls』で知られる
クアンティック・ドリーム開発の
PS4向けオープン・シナリオ
アドベンチャーゲーム
デトロイト ビカム ヒューマン : Detroit: Become Human』(以下DETROIT)について、
ゲームクリアまで進めたプレイ体験から
その長所と欠点を語ってみたいと思います。

まず、本作について驚くべき点が、
そのユーザーレビューの高さです。
また後ほど詳しく触れますが、
例えば海外の大手レビューサイトiMdbでは、
本作が2700件超のレビュー数で
10点満点中9.4点という
高得点を獲得しています。(記事執筆時点)

www.imdb.com

ただ本作は
決して万人受けする作品ではなく、
人によって好みが分かれる部分も
多々ある
と感じています。

そこで本日は
これから『DETROIT』の購入を
検討されている方向けに、

  • 販売本数データと世界の評価
  • ゲームとしての面白さ
  • ストーリー性
  • グラフィック
  • ゲームボリューム

の5点に焦点を当てて、
DETROITの長所欠点
総力分析してみたいと思います。

※ネタバレについては、
公式サイトおよびamazonの商品紹介で
確認できる範囲でのみ行うよう心がけていますが、
あくまで自己責任でお願いします。


ストーリーと一般的な評価

DETROITのストーリー

f:id:ama46572222:20180710075006j:plain


西暦2038年のアメリカ・デトロイト

AI技術とロボット工学の発達により、
人間そっくりのアンドロイドが製造されるようになり、
人間は過酷な労働から解放されようとしていた。

それにより人類は
更なる経済発展を手に入れる一方で失業率が増大。
貧富の格差が拡大していった。

アンドロイドによって職を奪われた人々は
反アンドロイド感情を持つようになり、
排斥運動にまで発展していった。

2038年8月、家庭用アンドロイドが所有者を殺害し、
所有者の娘を人質に立てこもる事件が発生した。
そのアンドロイドはまるで意思や感情を持つようで
「変異体 (Deviant)」と名付けられた。

以後、変異体はその1体にとどまらず、
増え続けていった。
「変異体」には、与えられた仕事を放棄し逃亡したり、
中には人類からの解放を叫び「革命」を起こそうとする者もいた。

アンドロイドは単なる「便利な機械」なのか?
それとも、生きているのか?
人類は、新たな課題に直面する。

(Wikipediaより引用)

DETROITは
2038年のデトロイトを舞台とする
オープンシナリオ・アドベンチャーです。

ディレクターのデヴィッド・ケイジ氏が、
2005年に発表されたレイ・カーツワイルの書籍
『シンギュラリティは近い』を読み、
AIの能力が20年後に人間を超えるという予想に注目。

そこから発想を膨らませて、
人間とアンドロイドが共存する
DETROITの世界を創りあげました。

DETROITのストーリーは
『オープンシナリオ』と題されている
ことから分かるように、プレイヤーの
選択次第で全く違った
シナリオが展開されます。

ゲーム内には
重要な決断の場面がいくつも用意され、
プレイヤー自身の選んだ選択肢によって
登場人物や、人類そしてアンドロイドの
未来が大きく変化するのです。

単に選択肢によってシナリオや
エンディングが変化するゲームは
これまでにも既に存在していますが、
本作ほど複雑な分岐を備え、
そしてその全てが違和感なく
自然に展開されている作品は
私が知る限り他にありません。

心揺さぶる上質なストーリーと
プレイヤー自身の
選択が尊重される自由度の高さ。
この二つをPS4の高い表現力で
両立していることが、本作最大の
個性と魅力になっているのです。


数値で見る世界的な評価と国内での売り上げ

本作の全世界の初週売り上げは362717本。(ソース)、
英国小売市場ではDark Souls Remasteredや
State of Decay 2を抑え、
初登場セールス1位を獲得しています。(ソース)

また、主要な
ゲームレビューサイトの評価では、
ユーザー参加型のレビューサイトiMDb
10点満点中9.4点(投票数2,752)を獲得。
レビュー集積サイトMetacriticでは100点満点中78点を獲得しています。(ソース)

レビューの全体的な傾向として
一般的なユーザーの評価は非常に高く
一方で専門家や評論家の評価は
全体的に高めながらも賛否はある

といったところです。
(本作に厳しい評価をつけた専門サイトの例 )

一方で日本国内の評価に目を向けると、
本作の国内での初週売り上げは39,548本。(ソース)

これは、2010年発売の
同スタジオ作品『HEAVY RAIN』の
約26000本と比較すると
約1.5倍の売れ行きです。

ただ、新規IPかつ
海外ゲーという点を差し引いても
例えばWATCH DOGSは初週6万本、
ホライゾンゼロドーンは初週11万本
売れているので、数字だけ見ると
もう一歩といった感じは否めません。

しかしながら
実際にプレイした人からの
評価の高さは日本も同じで、
amazonには記事投稿時点で
300件を超えるレビューが寄せられており、
さらにその内訳は星5つが73%、
星4つが15%、星3つが9%
という、
他のゲームのレビューと比較しても
非常に高い評価を記録しています。


DETROITのキャラクターを一部ご紹介

『DETROIT』には、
主人公としてコナーカーラマーカス
3人のアンドロイドが登場します。

DETROITのストーリーは
この3人の物語が時に並行して、
時に交わりながら進行します。

コナー

f:id:ama46572222:20180710075735j:plain

警察の捜査を
サポートするために作られた、
最新式の試作アンドロイド。

経口摂取した物質の
成分分析機能や、捜査に役立つ
高いコミュニケーション能力を持ち、
本編では中年の不良刑事
ハンクと組んで、アンドロイドの
変異体が起こした事件の捜査に当たります。


カーラ

f:id:ama46572222:20180710075747j:plain

若い女性型の
家事手伝い・育児用アンドロイド。

所有者は郊外に娘と二人で住む
トッド・ウィリアムズで、
本編以前に「事故」で損傷し
修理に出されていたカーラを、
トッドがサイバーライフの店舗へ
受け取りに来る場面から
カーラの物語が始まります。

カーラ編の
キーパーソンとなるのが
トッドの幼い娘アリス。

家庭も仕事もうまくいかず
精神的に不安定なトッドは
カーラの目の前でアリスに
虐待を加えようとします。

雇い主であるトッドの命令を守るのか?
それとも命令を破ってアリスを守るのか?
カーラに究極の選択が迫られます。


マーカス

f:id:ama46572222:20180710075801j:plain

高名な画家の老人カールの元で
介護と仕事のアシスタントを務める
若い男性型のアンドロイド。

カールには薬物中毒で
いつも金の無心に来る息子のレオがおり、
ある晩、そのレオと
一悶着起こしたことから
マーカスの運命は思いがけぬ方向へ
進んで行くこととなります。

ハンク

f:id:ama46572222:20180710075814j:plain

コナーの相棒として
アンドロイドの起こした事件を捜査する
デトロイト市警の警部補。

過去のある事件から
重度のアルコール依存症に陥っており、
アンドロイドを毛嫌いしています。

アリス

f:id:ama46572222:20180710075832j:plain

カーラの雇い主、トッドの娘。

人形と本が好きな内気な少女で、
カーラに対しても始めのうちは
心を開こうとしません。

一見して変わったところのない
普通の少女ですが、ストーリー後半で
ある意外な事実が発覚します。

カール

f:id:ama46572222:20180711072908j:plain

デトロイトに住む年老いた有名画家。

ある人物から贈られた
介護用アンドロイドのマーカスを
本当の息子のように扱う一方で、
実の息子であるレオからは恨まれ、
事あるごとに金をせびられています。


プレイヤーの決断が未来を変える。複雑で奥深いストーリー分岐システム。

f:id:ama46572222:20180710080045j:plain

ストーリーの項でも
軽く触れましたが、
DETROITの最大の特徴は
プレイヤーの選択次第で
物語の内容が複雑に変化する
ストーリー分岐システムです。

ゲーム中に提示される
選択肢やアクションの成否によって
主人公の行動や
周囲の人々との関係性が変化し、
それが後のシナリオの展開に影響を与えます。

f:id:ama46572222:20180710080114j:plain

各章の終わりには
このようにゲーム内の分岐と
自分の選択を確認することができ、
さらにフレンドや世界中のプレイヤーが
どのルートを選択したのかを
確認することも可能。

また、迫られる決断の中には、
・犯人逮捕を優先するか、相棒の命を救うか?
・幼い子供を守るために盗みを働くか否か?
・アンドロイドとして人間と戦うか和解するか?
といった簡単に答えの出せないものも多く、
ストーリーの進行には
プレイヤー自身の人柄や思想が
強く反映されます。

そして当然ながら
本作のエンディングも一通りではありません。
コナー、カーラ、マーカスの3人が
それぞれ幸せな結末を得られるかどうかは
すべてプレイヤー自身の選択に掛かっているのです。


PS4最高レベルはダテじゃ無い。ゲーム体験を高める圧倒的グラフィック。

f:id:ama46572222:20180710080613j:plain

DETROITのもう一つの売りが、
PS4最高レベルを謳う
リアルで美麗なグラフィックです。

登場するキャラクターたちは
全て実在の俳優による
モーションキャプチャーで生み出されており、
その生き生きとした動きと表情は
プレイヤーにゲームと現実の境目を
感じさせない役割を果たしています。

開発元の
クアンティック・ドリームは
2010年にHEAVY RAIN -心の軋むとき-
でやはり、その優れたグラフィック技術で
賞賛を受けていますが、
本作はそれをさらに一段階
洗練させてきた印象です。

また、先端テクノロジーが溢れる
近未来世界を描いた
風景描写の秀逸さも見逃せません。

f:id:ama46572222:20180710080726j:plain

f:id:ama46572222:20180710080751j:plain

f:id:ama46572222:20180710080802j:plain

自動運転車やアンドロイドが存在する
近未来のデトロイトの街並みはもちろん、
画家のアトリエ都市農園
コンテナで溢れた貨物置き場
あるいはアンドロイドの娼館など
ゲーム内には多種多様なロケーションが登場し、
そのどれもが驚くほど作り込まれていて、
私などはプレイ中に何度も
「よくここまで作り込んだな」と驚かされました。


ゲームとしての面白さはどうか?

このようにグラフィックと
ストーリーについては
文句なしのDETROITですが、
一方でゲームとしての
面白さ
はどうでしょうか。

DETROITのゲーム要素は大きく分けて、

  • タイミングに合わせて指定のボタン、レバーを押す、またはコントローラーを振る(QET)
  • 選択肢を選ぶ(制限時間付き)
  • フィールドを徘徊してイベントを起こす

の3つです。

f:id:ama46572222:20180710081211j:plain
(アクションの例。L2 / R2で事件の状況を再現し証拠を探す )

これらのアクションの
多くには時間制限があり、
またその結果によって
ストーリーの進行や
キャラクターの運命が変わるので、
プレイヤーは常に一定の
緊張感を味わいながら
ゲームをプレイすることになります。

アクション自体はボタンを押す、
コントローラーを振るといった
単純なものばかりですが、
その全てがキャラクターの
命や未来に関わるため、
とにかく一つの行動の重みが
他のゲームとは桁違いです。

プレイヤーはたびたび
「任務を取るか大切な人の命を取るか」
「仲間の仇を取るか、平和を取るか」

といった究極の決断を迫られ、
そこで深く悩み、葛藤することで
主人公のアンドロイド達に対し
自然と深く感情移入することになります。

そしてゲーム内容に
プレイヤーの個性が
強く反映されるため、
個人プレイはもちろん、
実況プレイにも非常に向いた
作品だったりもします。

また、格闘ゲーム
アクションゲームと違い、
本作には難しい操作や
熟練したプレイがほぼ必要ないので、
ゲームが苦手なライト層の方でも
途中で挫折せずに遊べるでしょう。


ゲームボリュームについて。

ゲームは全31章で、
1章あたりのプレイ時間は
おおよそ30分ほどです。

私の場合、1週目を
クリアするまでにかかった期間は
およそ15時間でした。

ただし、DETROITは
周回プレイを前提に作られているので
全てのルートを見ようと思えば
これ一本で一ヶ月以上は楽しめるでしょう。


その他

これはゲームそのものの評価とは
無関係な話ですが、PS4のゲームの中には
処理の負担が大きく、プレイ中に
PS4がものすごい排気音を
立てるゲームもしばしばあります。

(例えばウィッチャー3など)

そのためプレイ中の排気音が
気になる方のために書いておくと、
本作の排気音は「それなり」でした。

市街地など特に描画の負担が
大きいエリアに入ると
一時的に排気音がうるさくなりますが、
プレイ時の9割くらいは
ほぼ無音でプレイを楽しめたと思います。
(通常のPS4で27℃程の部屋でプレイの場合)


まとめ

こんな人はDETROITをプレイすべし!

・ストーリー重視のゲームをプレイしたい方

・スリルや緊張感のあるゲームをプレイしたい方

・AIを始めとするテクノロジーに関心のある方

こんな人はDETROITを買わない方が良いかも

・華麗なプレイやハイスコアを極めるゲームをお求め方。

ミニゲームややり込み要素を重視する方。

・近未来やテクノロジーといった単語にワクワクしない方。


本作はまだ大ヒットとまでは
いかない販売状況ですが、
口コミで徐々にその人気が高まっており、
これからさらにジワ売れ
していくのではいかと思います。

現在、PSストア内で
無料の体験版が配信されていますので、
気になる方はぜひ一度
そちらをプレイしてみてください。

個人的には、
PS4で一番心揺さぶられた作品であり、
本当にプレイしてよかったと思っています。

特にSF好き、洋画好きの方なら
きっとこの作品も好きになれるでしょう。

"PS4ゲーム"カテゴリのブログ内関連記事