最近読んだSCP報告書の中で特に面白かったやつ5選【怖いの多め】

SCP

はじめに

ここ1ヶ月ほどの間に読んだ中で、
特に私の琴線にクリティカルヒットした
イカしたSCP報告書を5作ほど紹介したい。

紹介する報告書は当サイトでは初めて紹介するものばかりで、
なおかつ公開された日付もなるべく浅いものだけを選んでいる。

具体的に言えば本家ならシリーズVI (5000-5999)以降のものオンリーだし、
日本支部や中国支部の場合も新しめのものに絞って選んである。

それでは行ってみよう。

最近読んだSCP報告書の中で特に面白かったやつベスト5

SCP-CN-2987『みあげないで』

SCP-CN-2987の画像

▲(SCP-CN-2987の現場にて発見された携帯の典型的な画面。報告書中より引用)

SCP-CN-2987 - SCP財団

本日一発目は中国支部より。

各地の公衆トイレで次々と人々が失踪する怪奇現象が発生。

現場には失踪者の携帯電話だけが発見され、
電源を入れてもなぜか必ず真っ白な画面と
5種類のアイコンだけが表示される状態になっているという
ほぼそれだけの説明で完結しており、
おそらく一見しただけではほとんどの人が
意味がさっぱりわからないであろうこの報告書。

しかし、その内容を
改めてよ~く観察してみると…?

~以下ネタバレ~

バッテリー警告の(システム上の)意味は重要ではない。アップロードの意味も、アイプロテクションモードのシステム的意味も恐らく重要ではない。

注目すべき所は、これらのアイコン自体である。「バッテリー警告」は警告を意味するビックリマーク、「アップロード完了」は上を指す矢印、「アイプロテクションモード」は眼球だ。繋げるとそれは「上を見るな」という意味になる。携帯にはこうした数種類のデフォルトアイコンしか入っていない1ため、これらを使ってでしか「上を見るな」というメッセージを伝えられないのだ。

つまるところ、誰か、あるいはナニカが他の人に対し、次のように警告しようとしているということだ。「真夜中に一人でトイレに行くときは、決して上を見てはならない。さもなければ、ああいった失踪者俺達のように、頭の上のナニカに連れて行かれるから」と。

SCP-CN-2987のディスカッションより引用

おぉ~
いいねぇ。この背筋にゾクゾクくる感じ。

これを読んだ後しばらくは、
夜トイレの個室に入るたびに頭上が気になって仕方なくなること請け合いだ。

SCP-6239『夢の子』

SCP-6239 - SCP財団

この報告書に出てくるSCP-6239は
極めて強力な現実改変能力を持つ13歳の少女。

現在は財団によって昏睡状態にあり、
「いかなる状況下でも、決して対象を目覚めさせてはならない」
という厳しい収容プロトコルが策定されているこのアノマリーに対し、
新たな研究担当として配属されたアンドリューズ博士はしかし
引き継ぎの際に前任のアクサミット博士から
「実は君はSCP-6239の能力が生み出した想像上の産物に過ぎないんだよ」
という衝撃的な話を聞かされ、それを確かめるために行動を開始する…
というお話。

いわゆる胡蝶の夢的のフォーマットを踏襲したお話ですが、
SCP財団の世界観との組み合わせ方や会話劇の見せ方が巧みで、
アンドリューズ博士の抱く自分の存在に対する不信感が
読んでいるこちらにまで生々しく伝わってきて物語に引き込まれた。

物語の最後、主人公のアンドリューズ博士が
どんな選択をしたのかについては、
是非とも自分の目で確かめてみてほしい。

SCP-2788-JP『 n人目の死んだおばあちゃん』

SCP-2788-JP - SCP財団

続いて紹介するのは、
今回は唯一の日本支部の報告書だ。

いわゆる『意味がわかると』系の報告書で、
最初は不気味な現象の説明がなされるだけで意味がよくわからないのだが、
最後の補遺を読むことで初めてそれまでの内容が
最後の『オチ』に向けた前振りだったことがわかる仕掛けになっている。

多くの事例では1名の人物が複製される回数は1回のみですが、まれに数日から数年の間隔を挟んで再度複製される場合もあります。現在の最多複製回数は█████氏の38回です。

最後まで読み終えてネタを理解した上で
もう一度読み返してみた時に最高にウケたのがこの一文。

これだけで█████氏の人柄が
透けて見えてしまうのだから面白い。

SCP-6061 『GUILTY. GUILTY. GUILTY.』

SCP-6061 - SCP Foundation

こいつは未翻訳の報告書だが、
本家の注目記事にピックアップされていたので気になって読んだものだ。

内容をざっくり説明すると、
「SCP-6061は人間が芸術活動を行うことを「有罪」であるとして
芸術に関わりのある人間を標的に、イスラム過激派のような残虐な処刑を行う正体不明のエンティティ。」
といった具合だろうか。

この報告書が面白いのは、第一に
SCP-6061がなぜ人間の芸術創作行為を有罪と見做すのか、
その根拠が全く不明であり、報告書中でそれが明かされることもないことだ。

犠牲者たちは、通常では理解できない
SCP-6061たち独自の判断基準で有罪宣告をされ無惨に殺される。

その理不尽さはややもすれば
投げっぱなし、説明不足になりかねないが
この報告書においてはそれがむしろ
理屈の通じない別次元の知的生命体に対する
恐怖感にうまくつながっていたように思う。

そしてもう一つ、この報告書の肝となるのが
SCP-6061に遭遇した中で唯一の生存者であり、
また唯一財団によるインタビュー記録が残されている、
おそらく高名な画家のラングレー氏に関する顛末だ。

なぜ、彼だけが生かされたのか
その理由は報告書を最後まで読むことで明らかになるので、
気になる方は未翻訳なのでちょっとハードル高めだが
是非とも本報告書を読んでその結末の衝撃を味わって頂きたいと思う。

SCP-6698 『みんなも排水口は掃除しとけよ』

SCP-6698 - SCP財団

こいつは…
紹介しておいてなんだがいわゆる『閲覧注意』ってやつだ。
例のGから始まる虫が登場するので
特に食事中は絶対に見ないことを強くお勧めする。

私がこれを読んだ時刻は
昼飯を終えて2時間経ったくらい経った頃だったが、
それでも読み終えた後はさっき食べたものが
喉まででかかったほどだった。
正直今思い出しても気分が悪くなる。

ただ、視点を変えてみれば
それだけ読む側にインパクトを与えられるということは
それだけ書き手の表現力が卓越しているということでもあるし、
ホラーもののツボがきっちり押さえられているせいか
生理的嫌悪感の強い内容にも関わらずぐいぐい読まされてしまう。

強烈な題材を扱いつつもそれに頼り切らない、
構成力が光る一作だったと思う。

…あと、余談だけど
これを読んだ日の夜に風呂場の扉を閉めるのを
一瞬ためらった経験をしたのはきっと私だけではないはずだ。

終わりに

今日はこれで終わりだ。
楽しんでもらえただろうか?

最後に知っている人も多いかもしれないが、
実は今週の頭までwikidotからのハッキング被害でダウンして
SCP財団のサイトにアクセスできないという状態が発生していた。

幸い、運営側の努力により今は復旧しており、
歴代のSCP報告書も以前と同じように読むことができる。

運営チームの迅速な対応には感謝しかないし、
それに加えて身近なサイトが標的になったことで
近年増加傾向にある国際的なサイバー犯罪の恐ろしさを
改めて思い知らされた出来事でもあった。

SCPに興味があるなら以下の記事もおすすめ!

目次 有能なはずの財団がまさかの大ポカ!?特別収容プロトコルと概要インシデントレポート4823-39インシデントレポート4823-40すべてを読み終えて余談 あったかもしれないもうひとつの可能性 有能なはずの財団がまさか […]
2021年3月27日
無生物アイテム系に限定して、私が本気で面白いと思った傑作SCPをご紹介します。
2018年3月3日
目次 はじめにSCP-2061-JP 「暁星屋百貨店冒険譚」SCP-2264「アラガッダの宮廷で」SCP-109-JP - 「底なし村でワルツを」SCP-CN-1210「月の箱」SCP-1857-JP「常盤の桜」SCP- […]
2021年4月4日
SCP財団日本支部より、意味がわかるとゾッとする怖い報告書を10本厳選してご紹介します。
2020年11月7日
目次 はじめにSCP財団の軍事力についての考察ステップ1 事実ベースで考えてみるSCP財団の軍事力・影響力に関する興味深い描写の一覧このステップにおける結論ステップ2 MTF(特殊部隊)の皆さんについて調べてみよう機動部 […]
2022年5月28日
たった400文字で読者に大きな衝撃を残したSCP-4465「人間は一人では生きていけない」のネタバレ解説です。
2019年12月13日
目次 はじめにSCP-289-JP 「覗き見るもの」SCP-4925 「(1) 件の不在着信」SCP-1040-JP 「箱詰め」SCP-163-JP 「暗闇に潜むもの」SCP-5999 「ここが私の死んだ場所」おわりにS […]
2021年4月25日
目次 はじめに各SCPの詳細と解説SCP-132-JP「紙魚入る」SCP-3338「オタマトーンはあなたのルームメートになりたいです~」SCP-2295「パッチワークのハートがあるクマ」SCP-2952 「 地方グウェリ […]
2021年6月9日
宇宙の崩壊、強力な現実改変能力者、外宇宙の凶悪な侵略者などによって、財団及び人類が完全に詰みの状態に陥っている手遅れ系の報告書を20本ご紹介します。
2020年10月10日
数あるSCPの中でも私が最も出会いたくないと感じた最凶のモンスターたちをご紹介します。
2018年5月2日
一回読んだだけではまず理解することはできないであろう超難解なSCP報告書をベスト10のランキング形式でご紹介します。
2020年5月23日
こんにちは、daimaです。 前回は恐怖、前々回はアイディアをテーマに お送りしてきたSCPのまとめ記事ですが、 今回は『切なすぎて涙が止まらなくなるSCP報告書8選』と題しまして 私の目頭を熱くさせた切ない・悲しい系の […]
2021年11月13日
目次 脅威!恐怖!驚愕!SCP-5088 「空のプール」実験1 : ハツカネズミを用いた生物実験実験2 : ハツカネズミの死体を用いた実験実験3 : Dクラス職員を用いた人体実験SCP-5412  「酒に呑まれる」SCP […]
2021年9月24日
SCP初心者向けによく使う専門用語や最初に読んでおきたいおすすめの報告書などの基本情報をまとめました。
2020年3月26日
先週投稿したSCP紹介記事が 結構読んでもらえていてやっぱりSCP財団の記事は 需要が高いのだなぁと思った次第。 そんなわけで、今週もSCP報告書の紹介を行いたいと思うのだが、 今回のテーマはズバリ「オチが秀逸なSCP報 […]
2022年6月4日
一見無害そうだけど、真相を知ると超ヤバいどんでん返し系のSCPオブジェクトをご紹介します。
2021年1月9日
日常生活で使いやすいSCP財団の名言集を使用例と元ネタの解説付きでお届けします。
2020年2月28日
目次 はじめにtaleとはなんぞや?一人でトイレに行けなくなるくらい怖いSCP財団のtale10選夜8時半に風呂に入るなしんにカノン(SCP-511-JP)についてねずみばあさんひがしのかみさまTreats腐草蛍あいびき […]
2021年7月3日
目次 はじめに胸糞悪いSCP報告書6選SCP-047-JP「"最高の音楽のために"」SCP-1155-JP「仲良く喧嘩しな」SCP-026-JP 「現代のハイヌウェレ」SCP-1974-JP「ぐねぐねクッション」SCP- […]
2021年12月26日
SCP財団最大のタブーであるSCP-001の全報告書31種を一挙解説!
2020年2月16日
タイトルとURLをコピーしました